外国人が喜ぶインバウンド観光サービスとランキング

中国人に人気の日本のお土産とインバウンドマーケティング

チェックインバウンドマーケティング

 

アジアから観光客が日本にたくさん来ています。その中でも多いのが中国人。飛行機やクルーズ船でどんどん来日しています。

 

クルーズ船には1度に数千人の乗客を乗せています。クルーズが来る港以外の場所では、なかなか知られていませんが、大きなクルーズ船が岸壁に着く姿は壮観ですよ。そこからバスに乗って観光、食事、買物へ出かけます。

 

クルーズ船

 

2000人の乗客が乗っていたら単純計算でも50人乗りのバスが40台です。3000人以上の場合もあるので、行く先々でお祭り騒ぎです。

 

クルーズ船は夜は船の中で寝て、その間に次の目的地へ移動します。なので限られた昼の時間は観光に買物に大忙しなのです。

 

飛行機で来る観光客もたくさんいます。

 

千歳in成田out
成田in関空out

 

のツアーもあります。
最近は地方空港を利用したツアーもよく聞きます。

 

静岡in福岡out
鹿児島in関空out

 

列島横断のツアーもあります。
富士山も京都も大阪も広島も熊本も楽しむツアーもありますよ。

 

どんどん来ている中国人観光客に対応しているインバウンドの事例や、地方の特産物を中国人向けにアレンジした例なども取り上げていきます。

 

外国人に向けて研究しているようで、実は日本の良さを再発見することもあります。

 


 

チェック日本のお土産

 

中国人に人気の日本のお土産はどんな商品が選ばれるのか。ランキングとその理由をマーケティングしていきます。

 

秋葉原

 

台湾人香港人のアジアからの観光客も喜ぶギフトです。お菓子も炊飯器も化粧品も腕時計も日本製は大人気。made in Japanはカメラだけに留まらず多種多様な商品が飛ぶように売れていきます。

 

百貨店もショッピングモールも専門店もアジアの観光客向けに中国語のポップを設置したり、中国語を話せる店員を配置したりしています。

 

免税制度も改正され、円安の追風にも乗り、多くの旅行客が、多くの買物を日本でしています。

 

帰国する前の空港免税店の口コミも紹介します。ここで売れる商品は本当に買って帰りたいという商品です。品揃えをチェックすれば今何が人気があるかわかるんです。

 

日本人にとっては普通の商品でも、外国人にとっては日本らしいものもあります。例えば、爪切りやカレールーは大人気です。爪切りは切れ味が良くて壊れにくいそうです。日本のカレーは日本人がアレンジしたカレーです。この日本の独特な味が好評です。

 

その他の商品も理由やエピソードとともに紹介していきます。

 


 

チェック日本の観光地

 

観光客に人気のある観光地は北海道、秋葉原、銀座、富士山、京都、広島だけではありません。今は日本人と同じようにアジアの観光客が日本各地を旅行しています。

 

金閣寺

 

初めて日本に来た人はもちろん有名な場所へ行きます。この写真の京都の金閣寺、清水寺、世界遺産の富士山、広島の原爆ドーム、沖縄の美ら海水族館など。

 

しかし日本へ旅行する回数が増えるほど、日本人と同じように日本らしい風景を求め旅するようになります。シニア向けの自然満喫ツアーも外国人観光客向けに外国の旅行代理店が企画しています。

 

 


 

チェック福岡のインバウンド

 

福岡はクルーズ船の寄港数日本一。韓国も近く多くの外国人観光客が観光に来ています。

 

fukuoka
福岡特化型インバウンドマーケティング

 

福岡をモデルケースにインバウンドを考えていくのは大変有効です。記事数も50を越えました。参考にどうぞ。

 


 

チェック日本が好きなアジアの人たち

 

アジアの人たちは日本が好きで何回もやってきます。「四季がある」「日本食がおいしい」「おもてなしの心が有難い」など好評です。

 

台湾や香港やシンガポールは面積も狭く、四季も楽しみが少ないので、日本を第二の故郷のように思っている人も多いようです。10回以上来ている人にも何人も会いました。そしてまた日本に来たいという人がほとんどです。

 

実際の現場の情報も紹介していきます。インバウンドマーケティングはいろんな視点が交差します。外国の視点日本の視点が両方深まります。そしてこれを融合させることにより外国人観光客に喜ばれるのです。それぞれの記事の中での分析もお楽しみに。

外国人に人気のJRパスという乗り放題のチケットを知っていますか。とってもお得なチケットでこれを使って日本を旅行する外国人旅行客が増えています。

 

以前から人気のあったこのチケットですが、新しい新幹線の路線が増えたことでさらに人気になっています。九州新幹線、北陸新幹線、北海道新幹線がここ数年でできました。これに乗ると日本全国を短期間で旅行できます。まさに夢のような乗り物であり夢のようなチケットです。

 

新幹線

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

神保町1

東京の神田神保町は古本の街。

 

世界でもトップレベルです。ここに中国人観光客が訪れています。何が目的で訪れているのか最初は不思議でしたが理由を聞くと納得でした。

 

ここには中国人が欲しいものがあるんです。あるというか眠っている。宝探しゲームのように中国人が欲しい本を見つけています。

 

神田神保町インバウンドの状況について今回はまとめてみました。

地方創生

外国人観光客が近年増加しています。これをチャンスと捉え地方創生と結びつける地方自治体も少なくありません。

 

地方創生加速化交付金という公的な交付金もあります。もちろん個人事業主が自力でインバウンドと地方創生を結びつけているところもあります。

 

これを客観的に見て分析すると成功するためにはシンプルな3ステップが浮かび上がってきました。意識するかしないかはそれぞれですが結果的にこの3ステップを踏んでいるところがほとんどです。

上海

爆買い終了などと言われていますが、実はまだまだ続いています。表面的な爆買いは落ち着いていますが、中国人観光客はまだまだ日本に来ています。大きな電化製品を購入する姿が以前テレビで取り上げられ話題になりました。この風景が少なった要因はいくつか考えることができます。

 

越境ECが便利になりインターネットで購入するようになった。個人旅行客が多くなったので団体旅行の風景がテレビが捉えていない。円安が落ち着いてきたのですぐに購入しなくてもいい。

 

爆買いの状況が変化しているのでそれに合わせてこちらも対応する必要があります。一部のインバウンド企業はすでに対応して独自のインバウンドマーケティングを行っています。

 

今回は中国人富裕層に注目した流行のインバウンドビジネスをチェックしていきましょう。

東京に来る外国人なら誰もが見る大きな東京スカイツリー

 

日本で1番高いところに登ることができます。東京スカイツリーは多くの観光客で賑わっています。

 

東京スカイツリー

 

外国人観光客も多くスカイツリーに来ています。多くの観光地の見どころがある中でインバウンド外国人がスカイツリーを訪問する理由は何か、その理由をチェックしていきましょう。

 

インタビューもしてきました。他の観光地に比べると国籍が多数いてアジア系以外の外国人も多くスカイツリーを訪問していました。

和包丁

外国人観光客に人気のあるものは数多くあります。ドラッグストアの医薬品も百貨店の化粧品をすぐに思い浮かべる人も多いでしょう。

 

今回はちょっと変わった人気商品です。日本らしい人気商品です。

 

なんと外国人に和包丁が人気です。

 

東京の合羽橋に外国人観光客が歩く姿が多く見られるようになりました。1本数十万円する和包丁も売れているといいます。

 

日本の和包丁がなぜ人気なのかその理由をインタビューしてきました。

お隣の国、韓国人観光客がたくさん日本に来ています。1年間で400万人を越えています。増加している理由は大きくこの3つです。

 

1.円安で行きやすくなった。
2.LCCが多く就航するようになった。
3.日本には韓国にはない魅力がある。

 

成田空港

 

韓国行きのLCCには日本人の姿はほとんどなく韓国人がほとんどです。韓国人は日本に来て日本人と同じように日本の観光地に行って楽しんでいます。冬は温泉に行き、夏には鰻を食べています。

 

今回はそんな韓国人観光客に人気の日本のお土産をランキングで紹介します。

ポケモン

新しいスマホアプリのポケモンGOがアメリカで大人気。

 

アンドロイドもiosも対応しています。アメリカではダウンロード数が増加中。社会現象になっています。

 

現在日本ではまだプレイすることはできません。待ち遠しいですね。その日が来るのを待ちましょう。インターネットの情報だともうすぐだそうです。

 

ポケモンGOが日本でプレイできるようになったらどんなことが予想されるかインバウンドの視点で考えていきます。まずはポケモンGOの内容をチェックしていきましょう。

100円ショップ

外国人観光客は100円ショップが大好き。

 

なんとんなくこの風景を見ていましたが、この100円ショップとインバウンド関係を冷静に見るといろんなことが見えてきました。

 

外国人観光客に日本でどこに行きましたか?という質問には必ずと言っていいほど100円ショップが入っています。1番気に入った場所はどこですか?という質問には100円ショップは入っていません。

 

これはどういうことか数人の外国人観光客に聞いてみました。

中国の市場は言うまでもなく大きい。では中国人はどこで買物しているのか。インバウンドが減少傾向になり日本の百貨店の売上も下降。打つ手はないのか。これからどうなっていくのか不安な人も多いでしょう。

 

打つ手はあります。もうすでに動いている日本企業もあります。

 

越境ECです。

 

越境EC

 

中国人はスマホやパソコンを使い買物しています。日本人もネットで買物する人は増加中ですが中国は人口が日本とは違います。市場規模が大きい。この越境EC市場が成長しています。

 

今回は越境ECでの中国人好みのランディングページ(LP)をマーケティング分析します。ランディングページとは着地するページのことです。このLPの見せ方で商品の売れ方や人気の上昇が違ってきます。要チェックです。

スポンサーリンク
インバウンド商品

 
TOP インバウンド売れ筋商品 インバウンド集客 サイトマップ