インバウンドでトリップアドバイザーの口コミを活用

MENU
今インバウンドで注目のInstagram集客

トリップアドバイザーをインバウンドに活用しよう

トリップアドバイザー

みなさん、ホテルを予約するときに何を使いますか?インターネットで予約する人も増えたと思います。若い人だけでなくどんな年代の人でもインターネットでホテルを予約する時代になりました。

 

これは外国人も同じです。日本よりさらにインターネットを駆使している人たちが日本へ旅行に来ています。

 

今回はホテルのインターネット活用方法です。

 

その中でも今最も世界で利用者の多いトリップアドバイザーに焦点を当ててお話します。ちゃんとやれば無料でインバウンドに活用できます。


なぜトリップアドバイザーがインバウンドに最適なのか

なぜトリップアドバイザーなのかというと月間3億人が利用している世界で最も利用者の多い口コミサイトだからです。右上の言語設定ひとつでその国の言葉で表示されるので言葉の壁も必要ありません。

 

トリップアドバイザーにはホテル、レストラン、観光情報の口コミが掲載されています。その中でもホテルの情報は充実していて口コミの書き込みも多くみんなが見ているのでアクセスも多いのです。

 

トリップアドバイザーホテル

インバウンドでトリップアドバイザーを活用する旅行者の視点

ここで旅行者のホテルを予約するまでの頭の中をじっくりチェックしてみましょう。

 

旅行者の視点

 

1.そろそろホテルをチェックしないといけないなぁ。
2.トリップアドバイザーでいいホテルがないか見てみよう。
3.トリップアドバイザーで東京と入力。
4.予算を設定してさらに検索。
5.ランキングで見てみよう。
6.上位のランキングの口コミをチェック。
7.気に入ったホテルの公式サイトをチェック。
8.booking.comやagodaで最安値をチェック。公式サイトも比較。
9.1番安いところの口コミをさらにチェック。
10.(変更も可能なサイトで)予約する。

 

こんな流れでホテルの予約がなされます。

 

この選ぶ時間を楽しいととらえるか、面倒ととらえるか人それぞれです。楽しいと思う人は何時間も何日も掛けて検索します。しかし人気のところは満室になる可能性もあるので駆け引きも必要になってきます。

 

トリップアドバイザー口コミ

インバウンドでトリップアドバイザーを活用するホテルの視点

ホテル側の視点

 

予約してもらうために重要なポイントが旅行者の視点でわかりました。そしてホテル側がきちんとやるべきことはこの3つです。

 

料金
口コミの返信
写真

 

口コミの返信と写真は重要です。当たり前のことのようですができていないところも多くあります。口コミの返信がなかったり、写真が古かったり。写真をプロに撮ってもらうだけでも予約状況は変化します。

 

もしインバウンド戦略で外国人の宿泊者を増加させようと思ったらトリップアドバイザーは活用すべきです。口コミの返信をこまめにして顧客との対話を増やせば予約数は伸びていきます。

 

しかしトリップアドバイザーがすべてでは無いことも事実です。トリップアドバイザーに頼らずに集客している宿泊業者もいます。どの戦略をとるのかは人それぞれです。自然な口コミが多いところはそのままでもいいかもしれません。

 

ポイントはトリップアドバイザーを使っても使わなくても口コミは大切だということです。

関連ページ

JNTO発表!2015年の訪日外国人1973万人中国人25%
JNTOの発表によると2015年の訪日外国人1973万人でした。過去最高の数でその内中国人は最大の25%でした。日本に来た外国人観光客のデータをもとにインバウンドマーケティングしていきます。英語ではなく中国語の重要性も見えてきました。
訪日外国人に対応!民泊ホテル問題と爆買いを両立するアイデア
訪日外国人に対応する民泊ホテル問題と爆買いを両立するアイデアを紹介。インバウンドホテル問題を解決する方法です。しかも経済効果もあり新規費用のリスクも低いやり方です。簡単にいうとドンキホーテとネットカフェを行政規模で行うものです。
なぜアジアの外国人は日本に憧れて旅行に来て買物までするのか
なぜアジアの外国人は日本に憧れて旅行に来て買物までするのか?ある仮説を立てました。この仮説はインバウンドマーケティングの奥底に存在するもの。心理を捉えているので発言には出てきませんが真理なはずです。欧米に憧れるアジア人をインバウンドマーケティングします。
インバウンド人気商品を見つける方程式は海外ガイドブックに
インバウンド人気商品を見つける方程式は海外ガイドブックにあり。旅行ガイドには日本でのお土産や売れ筋商品が載っています。雑誌には今の流行が載っています。インバウンド消費をつかむ方法はガイドブックの定点観測をおすすめします。
入国者200万人突破!九州福岡のインバウンドが今熱い
福岡の外国人入国者が200万人突破しました。九州福岡のインバウンドが今熱いです。玄関口は福岡空港と博多港。福岡のインバウンドに特化したサイトも新しく構築。天神、博多駅の爆買いインバウンド消費を独自の視点で分析していきます。
桜インバウンド戦略!知恵と想像で花見経済効果アップ
桜インバウンド戦略を紹介。知恵と想像で花見経済効果アップ。もうすぐ日本各地でさくらが満開です。お花見のインバウンド戦略とはイメージを広げると見えてきます。お祭り気分のときは爆買いにつながります。開花予想日はしっかりチェックしましょう。
新しい旅行スタイルのインバウンド観光ツーリズムとは
新しい旅行スタイルのインバウンド観光ツーリズムとは。これから流行るインバウンド観光ツーリズム5選紹介します。普通の旅行に加えこの旅行形態がこれから独自の発展を日本でするようです。すでに基盤はあります。あとはアレンジの方法しだいで人気に火が付くでしょう。
訪日外国人の3つのタイプを知りインバウンド攻略しよう
訪日外国人の3つのタイプを知りインバウンドを攻略しよう。インバウンドの団体旅行と自由旅行をマーケティングします。インターネットが普及し旅行者もスマホで情報を集めています。この情報の流れがお金の流れでもあります。個人旅行が注目されています。
熊本地震で外国人観光客は日本に来なくなるのか?その対策とは
熊本地震で外国人観光客は日本に来なくなるのかをインバウンドマーケティングします。被害が増している状況の中で訪日外国人観光客は減少するのか?その対策とは?facebookやInstagramやツイッターの現状発信も提案。
関税アップで中国人の爆買い終了!これからのインバウンド対策は?
関税アップで中国人の爆買い終了か。これからのインバウンド対策はどうしたらいいのか。爆買いから爆体験へとシフトしていっています。グルメも注目の分野です。日本国内での物販は減速予想ですが越境ECへとお客は移りインバウンド企業の需要は続きそうです。
インバウンド婚はSNS集客が決め手!既存ビジネスを活かす方法
外国人の日本でのインバウンド結婚式増加中です。既存ビジネスがもうすでにある業界なのであとは集客が決め手になります。そこで活用したいおすすめがツイッターやインスタグラムなどのSNS。ワタベウェディングやゼクシィの大手だけでなく個人も参戦可能に。
100円ショップがインバウンドで人気がある5つの理由に納得
100円ショップがインバウンドで人気がある5つの理由に納得です。インバウンドマーケティングの視点で分析するといろんなことが見えてきます。外国人に人気のダイソーやセリアの100円shopを舞台にインバウンド消費が拡大。
ポケモンGOのダウンロードアプリで外国人がインバウンド攻略
ポケモンGOのダウンロードアプリで外国人観光客がインバウンド攻略。アメリカで爆発的人気のポケモンGO。このアプリが日本でサービス開始すると訪日外国人も増えるはず。インバウンドの減速を救うことになります。その理由をチェック。
韓国人インバウンド観光客に人気の日本のお土産ランキング
韓国人インバウンド観光客に人気の日本のお土産ランキング。トップ5を紹介します。ロイヒつぼ膏、マンナンライフのこんにゃくゼリー、カルビーポテトチップスしあわせバター、ほろよい、ロイズチョコレートなどがインバウンドで韓国人におすすめの売れ筋商品です。
インバウンドで稼ぐ流行の3つの中国人富裕層ビジネス
インバウンドで稼ぐ流行の3つの中国人富裕層ビジネスを紹介します。中国人富裕層が日本の旅行ですることは何か。がん検診や治療などの医療、会社設立などの投資案件、子供を教育する留学やインターンサポートが注目されています。日本を旅行する目的をチェックしましょう。
乗り放題のJRパス!外国人個人旅行客は新幹線で日本を横断
乗り放題のJRパス!外国人個人旅行客はこのチケットを使って新幹線で日本を横断しています。テーマを持った旅も増えています。お城巡りの旅、桜前線北上の旅、温泉巡りなど。JRパスが外国人個人旅行客増加のインバウンドのアイテムになっています。
外国人観光客は自動販売機を見て日本の治安の良さに納得
外国人観光客は自動販売機を見て日本の治安の良さに納得しています。海外では商品や現金を盗まれることもよくあるので屋外に設置しない地域も多くあります。そして日本の自動販売機は種類が豊富で高性能。インバウンド向けの多言語自販機もあります。
2016国慶節の中国人インバウンド!爆買い終了と言うけれど
爆買い終了と言うけれど2016年の国慶節連休も中国人観光客は日本にやってきます。爆買い終了と言うけれどインバウンドの訪日数は増加しています。買物している人気商品のポイントも解説。これからまだ続くインバウンド消費をマーケティングしていきます。