香川県がインバウンド外国人に人気

MENU

なぜ訪日外国人に香川県が人気があるのか

香川県が訪日外国人観光客に最近人気です。どこに行きましたか?という質問の答えに入っていることが多くなりました。なぜ人気があるのか理由を探ってみました。

 

直島

 

楽天や各新聞社も訪日外国人のインバウンド地域別人気上昇ランキングで1位は香川県と報じています。多くの日本人は「香川」と聞いて「なんで」と思う人がいるはず。なんで香川なのかそれなりの理由がありました。

香川県が訪日外国人に人気がある5つの理由

人混みは嫌

大都会から来る訪日外国人が多いのは確かなこと。お金持ちは都会に住んでいるのだから当たり前の話です。北京、上海は東京よりも人口は多く、台北、香港、シンガポールの人口密度も東京と同じくらいかそれ以上。そんな人が東京に来てまた人混みに揉まれたいとは考えていません。

 

行ったことがないところに行きたい

東京も行った。京都も行った。北海道も行った。今度は違う日本を見てみたいと思っている人が増えています。いわゆるリピーターです。日本が大好きな人たち。日本以外の違う外国という選択肢もあるのですがまた日本に行きたいという欲求が高い人たちです。日本の魅力は奥深いのでまだまだ日本を見たい行きたいと思っています。

 

うどんがおいしい

旅行といえばグルメ。外国人観光客はみんなグルメ通です。その土地の食べ物を食べたがります。香川といえば「うどん県」というほどのうどんの聖地。日本人は注目していませんが外国人にとってはうどんは日本でしか食べることがない日本の食べ物。そういえば海外にいろんな和食が進出していますが、おいしい「うどん」を食べることができるところは少ないのです。うどんの出汁も注目されています。

 

日本らしい風景

香川には日本らしい風景があると口々に外国人はいいます。田舎の風景です。昔話に出てくるようなおにぎりの山が風景に溶け込んでいます。そして穏やかな海の瀬戸内海。外国はすぐに外海というところも多く、穏やかな海を見たことがない人も多いのです。

 

直島に行きたい

香川でも特に人気があるのは芸術の島といわれる直島。口コミがどんどん増えています。SNSの影響もあります。「直島now」のような書き込みがとても多くお金を掛けて宣伝しなくても勝手に広まっています。これを見た人が直島に行きたいと思い、そして行き直島で写真を撮ってfacebookやInstagramにアップしてまた拡散されるという好循環があります。

関連ページ

インバウンドでレンタカー利用増加!外国人メリットと日本人デメリット
インバウンドでレンタカー利用増加しています。外国人メリットと日本人デメリットを考えてみました。これから爆買いの「モノ」から体験の「コト」へとインバウンドが移っています。レンタカー利用でさらにこれが加速していきそうです。
2017インバウンド動向予測!モノからコト消費への本当の意味
2017年のインバウンド動向を予測。訪日外国人は日本へ来るのか。インバウンド業界のこれからは。マーケティング分析をしながら予想していきます。モノ消費からコト消費への本当の意味を解説。爆買いと越境ECの関係など。表と裏の視点が大事です。