インバウンド外国人のレンタカー利用増加

MENU

インバウンドでのレンタカー利用増加をマーケティング

ドライブ

訪日外国人観光客のレンタカー利用が増えています。

 

新幹線に乗りましたか?
移動はバスですか電車ですか?
そんな田舎にどうやって行ったですか?

 

こんな質問に「レンタカー」と答える外国人観光客が増えてきました。

 

特に香港人、シンガポール人、韓国人、台湾人が多いようです。

 

日本人の多くの人は外国で車の運転をすることを嫌います。怖いという人が多いんです。しかしインバウンドの現場では普通の一般人インバウンド客がレンタカーを借りて日本をドライブするようになりました。外国人の女子旅でもレンタカーで旅行している人をよく見るようになりました。


外国人が日本でレンタカーを運転する3つの理由

安全
日本は安全だといいます。道路がきれいで整っていて安心して運転できるといっています。

 

簡単
日本しか知らないとイメージが湧きにくいかもしれませんが外国の人口密度が高い地域の交通渋滞は東京と比較しても混雑しています。この混雑した日常に比べると日本での運転なんてシンプルで簡単。特に北海道を代表する田舎道は楽勝です。

 

心のハードルが高くない
日本人は「国際免許は必要なの」「資格は」など心配事から考え始めます。しかし外国人は心のハードルがそれほど高くありません。

外国人が日本でレンタカーを利用するメリット

どこでもいつでも行ける

電車やバスがない場所にも行くことができます。しかも時間を気にする必要はありません。北海道、四国、九州、日本各地に外国人が見たい田舎があります。レンタカーを利用するとそこにダイレクトに行くことができます。

 

複数人利用で安い

複数人でレンタカーを利用すると電車やバスよりも安くなります。スマホの電卓機能で計算している人もいました。数字にはシビアな人が多いです。

 

複数人利用で楽しい

仲間での旅行はとっても楽しいものです。レンタカーだと旅の間ずっと会話を楽しめます。小さい子供がいる家庭も泣いたりするのを気にしなくていいのでメリットに感じています。

 

レンタカー

日本人が感じる外国人レンタカー利用のデメリット

今のところ外国人のレンタカー利用で渋滞したというのは聞いたことがありません。大型バスが免税店付近で渋滞しているというのは聞いたことはあります。日本人が1番気にして外国人のレンタカー利用をデメリットに感じているのは事故です。

 

注目
事故の場合

 

日本語が通じない
まずは言葉の問題です。レンタカーを利用している人がみんな日本語を話せるとは限りません。英語だって通じない人もいます。

 

日本の通常のやり取りができない
日本だったら普通はこうするというのが通用しない場合が出てきます。

 

お金の問題
事故にはお金の問題がつきまといます。帰国したらどうやって連絡をしてやり取りしたらいいかと考えると通常より煩雑になります。

レンタカーで外国人の一周旅行が流行

外国人のメリットと日本人のデメリットを考えると今は外国人のメリットが世間に通用しているので日本でのレンタカー利用が増えています。レンタカーの現場を見ると今までなかった英語、中国語、韓国語表記の案内があります。特に空港周辺のレンタカーはバッチリ表記してあります。

 

レンタカー利用も外国人のブログやSNSで話題になり一周旅行が流行してきています。

 

北海道一周
東北一周
北陸一周
四国一周
九州一周

 

もっと小さい単位でも流行しています。テーマを決めている旅も楽しそう。

 

淡路島一周(関空直行の旅)
天草一周(海の幸旅)
山形一周(蕎麦の旅)

 

レンタカーはこれからのインバウンドを加速させるかもしれません。爆買いの「モノ」から体験の「コト」へとインバウンドの楽しみ方が移るといいますがその手段のひとつがレンタカーになってきています。

関連ページ

四国の香川県が訪日外国人リピーターに人気がある5つの理由
四国の香川県が訪日外国人に人気です。楽天や新聞社の訪日外国人のインバウンド地域別人気上昇ランキングでも1位に。インバウンドリピーターに人気がある理由を紹介します。facebookやInstagramのSNS効果も見逃せません。
2017インバウンド動向予測!モノからコト消費への本当の意味
2017年のインバウンド動向を予測。訪日外国人は日本へ来るのか。インバウンド業界のこれからは。マーケティング分析をしながら予想していきます。モノ消費からコト消費への本当の意味を解説。爆買いと越境ECの関係など。表と裏の視点が大事です。