中国人が喜ぶ日本の220V炊飯器

MENU

中国人に人気の炊飯器記事一覧

中国人に大人気の炊飯器。秋葉原や空港免税店で今も売れています。ヨドバシカメラもビックカメラもラオックスもたくさんの炊飯器が陳列してあります。中国人は買うと決めたら、家族や親戚の分まで買うのですぐに10万円以上の買物になります。販売店としてはうれしいお客様です。爆買いするポイントを5つにまとめてみました。

中国大陸向けの炊飯器は220Vです。必ず220Vかチェックしなければいけません。日本国内向けの炊飯器は種類も豊富で220Vの炊飯器に比べると価格も安いのですが、海外では電圧が違い使用できないので要注意です。国内向けの炊飯器に比べ220V製品は価格が高いんですが、それは生産量が関係しています。大量生産なほど価格も安くなるのでしかたありません。たまに不思議に思っている中国人がいるので説明してあげましょ...

中国語で炊飯器のことを何というかインバウンドマーケティングの関係者なら知っていると思います。普通の日本人はそんなこと知らなくて当たり前。でも漢字を見ているとおもしろいんです。そしてその呼び名の意味の違いを知るとさらにおもしろくなります。电饭煲(Dian fan bao/ディエンファンバオ)电饭锅(Dian fan guo/ディエンファングオ)炊飯器の中国語はこの二つ。書いてあるのは电饭煲と書いてあ...

なぜ海外対応220V中国向け炊飯器を中国人は日本で買うのか。そんな疑問を持っている人も多いですよね。実際家電量販店のラオックスやビックカメラやヨドバシカメラでは中国人観光客が炊飯器を大量に買っています。その特徴とは何かを探ると爆買いの理由も見えてきます。実際に中国人観光客にインタビューした内容です。わたしも最初はいろいろ疑問に感じていましたがだんだんわかってきました。説明していきますね。

中国向け220V炊飯器の説明が必要な人々とはどんな人たちなのか。炊飯器はわかっていても意外と難しい炊飯器の説明。どんな人たちが説明を必要としているのか。日本に買物に来た中国人たちはもちろん、炊飯器を販売する人たちも炊飯器のことがわかっていない場合があります。販売員の人たちもこのサイトを読むと勉強になり売上も上がるはずです。売上が上げるということはインバウンドマーケティングが成功するということですね...

中国人は買物したくて日本に来ています。うずうずしています。円安免税で本当に安いのです。安く感じているのです。以前は1(中国)元は13(日本)円くらいでした。最近は1(中国)元は20(日本)円です。1元の価値が上がっていると表現した方がいいのか、日本円の価値が下がっていると表現した方がいいのかわかりませんが、同じ意味です。要は円安なんです。爆買いの大きな理由はここにあります。爆買いのターゲットとなっ...

中国人観光客が昔も今も爆買いしていて人気が続いている商品が炊飯器。まるで韓国に行ったらキムチを買うように、日本に来たら炊飯器を買っているかのようです。(価格も大きさも違いますが。。。そんな気がしたのです。)中国人観光客は初めての日本旅行の人が多く、第1回目の旅行で炊飯器を買うのは目的のひとつのようです。日本の炊飯器と言ってもたくさんの種類があります。炊飯器を買うときの選び方は以前こちらで書いたので...