福岡のインバウンド

MENU

九州福岡のインバウンドマーケティング

福岡に外国人観光客が増加中。なぜ福岡に外国人が来ているのか、その理由を分析しインバウンドマーケティングしていきます。アジアの玄関口というキャッチフレーズを掲げている福岡市でしたが数年前まではここまで外国人は多くありませんでした。ここ数年で外国人観光客が増加したのです。特にアジアの外国人観光客が増加しています。

 

博多港

 

福岡の外国人観光客の玄関口は?

まずは外国人観光客の福岡の玄関口に注目していきましょう。

 

福岡空港
多くの外国人は飛行機で福岡へやってきます。近年はLCCも多数乗り入れ格安に日本へ外国人が来ています。

 

博多港
博多港には中国からのクルーズ船と韓国からの定期船が寄港しています。クルーズ船の需要はここ数年で急激に上昇しています。3000人以上の乗客を乗せて頻繁に来ています。韓国からの定期船も着実に訪日客を伸ばしています。

 

JR博多駅
成田や関空に入った外国人観光客は新幹線で京都大阪や広島を経由し福岡に来ます。外国人に割引が適用されるJRパスを使っている場合が多いです。

 

 

どこから福岡へ来ましたか?

どんな国の人が福岡に来ているのか?

 

中国
クルーズ船の乗客はほとんどが中国人です。1度に3000人以上が福岡に来て観光し買い物し日帰りで船に乗船して帰っていきます。飛行機で来る中国人観光客は今のところ多くありませんが増加傾向にあります。

 

韓国
距離も近いせいか韓国人観光客は福岡にどんどんやってきています。福岡空港には多くの韓国便があります。釜山から約3時間で到着する高速船にも連日多くの韓国人観光客が乗船しています。

 

台湾
台湾から飛行機の便も増加傾向にあります。LCCも増便されました。ほとんどの便が平日休日に関係なく台湾人で満席状態が続いています。

 

香港
香港便は1日に4便あります。乗客はほとんどが香港人、日本人は乗っていません。あの小さな面積の香港から福岡便が4便もあるのは人気の証拠です。

 

タイ
増加急上昇中のタイ人観光客。経済成長も著しく、上記の外国人と変わらない旅行をするようになりました。スマホ片手に福岡を観光しています。

 

なぜ福岡に外国人観光客が増加しているのか?

詳しくは記事の中で説明していきますがポイントは大きくこの5つです。

 

距離(外国から近い福岡)
中国、韓国、台湾、香港、タイ、どれをとっても近いというポイントがあります。特に船旅の場合、釜山から高速船で3時間、クルーズ船の旅でも上海、チェジュ島、福岡の3泊4日が可能になります。飛行機も成田に着陸するよりも早く日本に到着できるのです。

 

便利(空港港から近い繁華街)
福岡空港から地下鉄2駅で博多駅の近さです。博多港からもバス1本で天神まですぐに着きます。空港や港と繁華街が近いので旅行日程も余裕が出てきます。

 

買物(東京と変わらないショッピングエリア)
東京にあるチェーン店はほぼ福岡にもあります。天神、博多駅、キャナルシティに行けば買い物に困りません。ショッピングを楽しむアジアの観光客はコンパクトシティ福岡ですべてが揃うのです。

 

料理(美味しくて独特)
海外の人にはラーメンシティとも呼ばれるくらい福岡のラーメンは美味しくて有名です。一蘭は特に人気の店舗。本店で食べたい外国人が神社にお参りするような勢いで殺到しています。その他にもモツ鍋水炊き明太子屋台など美味しい食べ物が多いのも外国人に福岡が人気がある理由です。

 

拠点(福岡を拠点に九州旅行)
福岡IN、そして九州旅行を楽しみ、福岡OUTする外国人観光客も多くいます。福岡から行けるスポットとして別府、湯布院、黒川温泉、ハウステンボス、長崎、門司港、熊本、阿蘇山、鹿児島などJRやバスを使い自由旅行をする人もいれば団体ツアー客もいます。日本の自然とショッピングを両方満喫できるコースを福岡を拠点に楽しんでいます。

福岡のインバウンドニュース!訪日外国人の動向を独自分析記事一覧

最初に博多港で大型クルーズ船を見たときは、目を何回もこすりながらこれは夢ではないのかと思って見ていました。クルーズ船は今までに見たことがない大きさだったのです。5000人の乗客を乗せた大型クルーズの中でもさらに大型な船を見た時は、大袈裟でもなんでもなく天神の大丸百貨店の茶色いビルが動いているような大きさでした。渡辺通りのホテルニューオータニといっていいでしょう。平均するとクルーズ船の規模は3000...

大型クルーズ船のニュースはテレビでよく見ると思います。しかし普段生活の中でクルーズ船を見る機会は少ない人がほとんど。クルーズ船が来る港の近くに住んでいたり、港付近に住んでいる人に限られます。しかしその人たちも日本のどの港に何回くらい寄港しているかは知りません。寄港回数のトップ10を見るとその数字と地域からインバウンドマーケティングの切り口が見えてきます。日本全体がインバウンドで盛り上がっていますが...

福岡市の博多港には中国人観光客を乗せた大型クルーズ船が数多く来ています。福岡の地名や交通要所の名称ってややこしいので整理しておきます。飛行機:福岡空港JR:博多駅西鉄:福岡(天神)駅船:博多港福岡か博多か統一すればいいのにと思いますが県や市や区の行政の都合があるようです。日本人にもややこしいのに外国人にとってはもっとややこしく感じるはずです。ちなみに湯布院と由布院の違いわかりますか?これは今回では...

香港人にイチゴが人気です。博多あまおうのパッケージもよく見ます。スーツケースをコロコロ引きながらもうひとつの手に4パック入りの箱に入ったイチゴをお土産に持っている外国人がいます。それもひとりではなくたくさんいます。外国人といってもいろいろいるのでちょっと聞いてみました。するとそのときイチゴをお土産にしていたのはみんな香港人でした。香港人にインタビューするとインバウンドのお土産のポイントがわかってき...

福岡で中国人に人気のお土産のお菓子をランキングします。免税店や空港国際線で人気のお菓子です。中華圏も日本人と同様のお土産文化があります。中国人も台湾人も香港人もお土産を買って帰ります。たくさん買うので、荷物になるのを嫌い、いつも帰国直前の福岡空港で買うことが多いです。中華圏というよりもアジア圏の外国人に同じ傾向があります。なので韓国人もタイ人も同じくお土産にお菓子を買っています。では、福岡でどんな...

カプセルホテルというとおっさん臭いとか終電を逃した人が泊まるイメージがありますが、最近のカプセルホテルは違います。東京でも話題になっていますが福岡でも人気のカプセルホテルができました。それも何カ所かあります。おしゃれなカプセルホテルは韓国人女子に人気。その韓国人観光客について分析しインバウンドマーケティングしていきましょう。おしゃれなカプセルホテルまでの思考の流れとそこに行き着いた手順です。

外国人観光客といってもいろんなタイプの旅行があります。大型クルーズ船で博多港に来る団体ツアー客、飛行機で来る胸にツアー会社のマークを付けたツアー客。今回は飛行機や博多港に高速船などで来る個人旅行客に人気の福岡のゲストハウスを紹介します。格安な宿で3000円が主流です。福岡でもだんだんこのタイプの宿が増えてきました。需要がある証拠です。ゲストハウスのことを海外ではホステルと呼ばれることが多いです。福...

中国人観光客にどこに行きたいか?そしてどこに行ったのか?と聞くと必ずと言ってもいいほど返ってくる答えは「ラオックス」。しかもキャナルシティ博多のラオックスに行っています。その人気の理由を分析して書いていきます。中国人の視点と、ラオックスの視点に分け考えるとわかりやすいです。混ぜこぜにするとなかなかいいインバウンドマーケティングになりません。どこから見るか視点によって分析も変わっていきます。

福岡の天神の渡辺通りの南に大きなビルがあります。大丸です。百貨店の高級感のイメージと茶色のレンガ調の色がマッチしています。この大丸百貨店にラオックスが出店しています。昔の秋葉原のラオックスのイメージがある人は「なぜ高級百貨店の大丸にラオックスがあるの?」と思う人も多くいます。そこには大丸とラオックスを結びつけるインバウンド消費が接着剤になっています。お互いにプラス材料がないと成立しません。成立しな...

福岡市では秋になるのと街なかで楽しめる音楽イベントがあります。福岡の人が楽しんでいるのですがもちろん好きな人は全国から来るし、外国人のインバウンド観光客もイベントに参加して楽しんでいます。ホールというよりも街全体が音楽で染まるイベントなので歩いていているとライブをやっていたり、どこからともなく音楽が聞こえてきたりします。福岡が独特の雰囲気に包まれる期間です。無料イベントも多く、路上なのに上質の音楽...

博多駅の広場に心地いい歌が広がるゴスペルの歌声。このイベントを知ってか知らずか人が集まっていました。ここは博多駅。外国人観光客の姿も多く見ることができました。福岡に来る外国人観光客は博多駅にある博多シティを買物しやすいといいます。その人たちもゴスペルを聞いていました。九州ゴスペルフェスティバルは福岡ミュージックマンスのひとつです。9月はこの他にも福岡で音楽のイベントが目白押しです。中洲ジャズ九州ゴ...

毎年ハロウィンが激しいイベントになってきています。みんなどうやってそんな仮装のアイデアを思いつくのか、衣装はどこで買うのか不思議です。ホラー映画と同等のメイクをしている人もいます。レベルが高いです。福岡でも多くのハロウィンイベントがあります。その参加人数やハロウィンの経済効果を考えると大きなものになります。気になるイベントの場所もチェックしていきましょう。外国人観光客もハロウィンに参加する人も多く...

外国人に「どこに行きましたか?」という質問をすると「ショッピング」という答えが返ってきます。どこでショッピングをしたかというとイオン。イオンに行く外国人観光客が増えています。厳密に言うと以前からイオンに行く外国人はいました。しかし最近さらに増えています。外国人向けサービスも充実し個人旅行客も団体旅行客もイオンに行っています。この理由をチェックしていきましょう。

九州に外国人観光客が増えています。この外国人に来てもらい地方創生をして地域活性化をしたい地方自治体が増えています。しかし何から手をつけていいかわからない市町村も多く、お金を掛けるけど結果に結びつかないという悩みを持っているところも多くあります。話を聞いていると頭の中が整理されていない状態でインバウンド業者に仕事を発注している場合がほとんど。インバウンド業者は仕事をしたいので全体よりも部分を強調し仕...

九州福岡のインバウンドは活気があります。外国人観光客がどんどん来ています。2016年は前年度を越える勢いでした。全国の特徴と福岡の特徴は少し違います。福岡らしい特徴があります。福岡と海外をつなぐ玄関口がそのキーワードになります。

福岡タワーのことは知っているけど福岡タワーに登ったことがない福岡市民は多いと聞きます。しかしこの福岡タワーが外国人観光客に人気です。福岡に訪日外国人が増えれば増えるほど福岡タワーにも外国人観光客がやってきます。外国人といっても圧倒的にアジア人。その中でもさらに多いのが中国人です。この日も中国人観光客がやってきて記念写真を撮っていました。なぜ中国人観光客が多いのか。インバウンドマーケティングしていき...

福岡には個人旅行の外国人旅行客もたくさんやってきます。特に韓国人や台湾人や香港人が多いです。最近はタイ人も増えてきました。ジェットスターのLCCが就航した影響もあります。シンガポール人は他の地域に比べると少ないのですが人口を考えるとシンガポール人も日本が好きで福岡が好きなんだなと思います。その証拠に福岡とシンガポールの直行便が毎日飛んでいます。シンガポールエアラインです。さてさてインバウンドの個人...

天神西通りにLINE FRIENDS CAFE & STORE福岡が3月19日にオープン。きっとインバウンド観光客にも人気のスポットになるはず。3フロアーある店内は可愛いLINEのキャラクターを扱うショップとカフェで構成されています。ぬいぐるみに囲まれてコーヒーをLINEをしながら飲む人でいっぱいなはず。天神地下街にはLINEカフェの大きなポスターがありました。外国人観光客もいつも使っているLIN...

博多駅周辺を博多シティといいます。商業施設が集まり博多駅を中心としたひとつの街になっています。ここまで商業施設が密集して競合しながらも共存しているところは珍しく外国人観光客にも人気です。外国にはひとつの大きなショッピングモールがあるところはありますが、ここまでバラエティ豊かではありません。競争しながら共存バラエティ豊かだけど統一感がある公共と民間の一体化こんな背中合わせのものが上手く混ざり合ってい...

福岡オープントップバスを知っていますか?香港にあるような2階建てバスのようなもの。でも1階部分は何もなく2階に乗る観光向けのバスです。福岡の街を歩いているとよく見かけます。何台あるのだろうか?この福岡オープントップバスは外国人専用というわけではありませんがインバウンドで人気です。なぜ人気なのかチェックしていきましょう。インバウンドで活躍している福岡オープントップバスをさらに自分のインバウンドビジネ...

福岡にはいろんなイベント行事があります。もちろんお祭りも。外国人はこの時期に合わせて日本を堪能する人もいます。日本各地にもお祭りやイベントがありますが、福岡は福岡ならではの行事があります。インバウンドの視点で福岡のイベント行事をチェックしていきましょう。すでに外国人が多い行事もあれば、これをきっかけにインバウンドマーケティングを詳細にして観光客を誘致するのもいい考えです。それでは福岡のイベント行事...

福岡空港や博多港に来る外国人は福岡で入国し九州各県で遊びまた福岡から出国するパターンがよくあります。福岡を拠点に九州を満喫する外国人が増加中です。福岡に到着するとJRやバスで九州の各県に移動します。レンタカーで観光地を巡る人も増えてきました。その姿を見ているとなんとも気軽な感じです。まるで自分の国と同様にすいすい移動しています。なぜ福岡を拠点とするのかその理由と九州の魅力について分析していきます。

外国人に質問をされてあたふたする人がいます。わからないことは「わからない」と言えばいいのにあたふたしています。「わからない」と言ったあとに言ってほしいのが福岡天神にある観光案内所。わからないことを知っているふりして間違いを教えるよりここを案内しましょう。ここには詳しいパンフレットと外国語堪能なスタッフがいます。三越の入口、ソラリアの隣りにあります。大きな緑色の看板があるのでわかりやすいですよ。

インバウンド観光の交通手段のひとつにタクシーがあります。大型バスツアーもあるし、地下鉄やJRなどの鉄道もあります。最近はレンタカーを借りる人も多くなってきました。しかしタクシーは気軽に観光地に行ける機動力があります。これから個人旅行客が多くなるとさらに多くなりそうです。福岡でタクシーで観光するなら料金はどのくらい掛かるのでしょうか。人気のプランを検証しながらタクシー事情をインバウンドマーケティング...

キャナルシティのことを中国語で運河城といいます。キャナルシティは中心部に運河を模した噴水があるので漢字でうまく言い当てています。このキャナルシティに中国人団体ツアー観光客がやってきます。もちろん個人旅行の外国人も多いのですが今回は最近特に多い中国人団体ツアー客観光客について書いていきます。なぜ中国人団体ツアー観光客がキャナルシティに多いのでしょうか?その理由とは?

最近外国人観光客が多い柳川。西鉄電車で迷うことなく柳川まで到着しています。もともとある柳川の魅力に外国人観光客が目をつけています。外国人が増えてきたので柳川もインバウンドに力を入れているようです。なぜ柳川が外国人観光客に魅力があるのかチェックしていきましょう。柳川はバランスのいいインバウンドスポットなのです。外国人観光客が行きたがる理由も納得です。もしも日本人が海外に行ってもこんなにバランスがいい...

福岡県に猫がたくさんいる小さな島があります。相島(あいのしま)と言います。この島を、外国人が注目。たくさんのインバウンド観光客が訪れています。小さい島なので島民の人数も少なく歩いている人は観光客ばかり。猫が至るところにいるので見渡す限り猫の方が多いんじゃないかと感じます。車の数も少なくほとんど走っていません。軽トラがたまに走る程度でした。外国人観光客もよろこんでいますが、猫にとってもパラダイス。周...

2016年4月に天神の福岡三越の9階に空港型免税店がオープンします。免税店は今までも福岡にありました。有名なラオックスも免税店という看板を掲げています。空港型免税店とは何なのかをチェックしていきましょう。天神には百貨店やショッピングセンターが多くあります。三越、大丸、岩田屋、パルコ、天神地下街など。この競争が激しい天神で三越が勝つためには他店にないものを提供しなければなりません。そのひとつが空港型...

博多駅に丸井が出店。九州初出店です。場所は郵便局があった場所です。新しいビルに生まれ変わります。丸井の福岡での名称は博多マルイ東京では超有名な丸井。知らない人はいません。しかし福岡では馴染みが薄く知っている人の方が少ないのでは。しかし博多駅に出店したということは福岡市民や九州の日本人だけを相手にするわけではないはず。そこには訪日外国人観光客もターゲットにしているはずです。

福岡の家電量販店といえばヨドバシカメラ博多を思い浮かべる人も多いでしょう。フロアー面積商品数ともに九州ではトップクラスです。東京大阪と比べても遜色ありません。ここに訪日外国人もやってきて買物しています。店内では中国語、韓国語のアナウンスが流れ、店員も数カ国語を話す販売員や、ネームプレートを見るとどう見ても日本名では無い販売員がいます。その人たちが豊富な商品知識で説明しています。ネットではなくヨドバ...

訪日外国人観光客にどこにいきましたか?と聞くと多い答えが「激安の殿堂」。ドンキホーテと答えずに激安の殿堂と答える外国人もいます。団体ツアー客よりも個人旅行客が多いのが特徴。個人旅行の韓国人観光客は本当によくドンキホーテに行きます。わたしはしばらくドンキホーテに行っていませんでしたが取材を兼ねて行ってきました。すると外国人に対応する「なるほど!」というインバウンド対策がたくさんしてありました。これだ...

博多駅には東急ハンズがあります。東急ハンズは東京だけではありません。長年、福岡市民は東急ハンズが福岡に出来て欲しいと願っていました。博多駅の博多シティの開業とともに東急ハンズはオープンしました。出来て欲しいと願っていた福岡市民ですが東急ハンズで商品を見てホームセンターで買物するという人も多いのです。理由は安いから。そんな理由があるのかないのかわかりませんが、東急ハンズ博多店もインバウンド対策を行っ...

いつの頃からかキャナルシティ博多へ行くと日本語よりも外国語のほうが多く聞こえてくるようになりました。外国語と言っても英語ではなく中国語や韓国語です。円安でインバウンド消費する外国人観光客の人気スポットとなっています。キャナルシティの一角にはインバウンド企業とも言われるラオックスもあり外国人観光客で賑わっています。クルーズ船が博多港へ入港する日は団体ツアーの中国人観光客がラオックスへ押し寄せます。キ...

九州で1番の繁華街の天神。天神は南北に長くその道路の地下と地上に大小の商業施設が並んでいます。東京VS福岡ということがいつも話題になりますが、東京全体と勝負したら全敗する福岡も、東京のひとつの街VS天神だと天神に軍配が上がるという人も多くいます。東京VS福岡東京のひとつの街VS天神だと天神どの視点で見るかで街の印象も変化するということです。魅力ある天神の北にミーナ天神があります。複合商業施設です。...

福岡のインバウンド外国人の爆買いスポットを紹介します。場所によっては日本人より外国人が多いところもあります。ショッピングに限定して今回は紹介していきます。東京にあるチェーン店は福岡にもだいたいあります。例えば、ユニクロ、無印良品、ABCマート、など。このチェーン店で買物し美味しい地元福岡の料理を食べて旅行を満喫しています。これは福岡に限ったことではなく日本各地の観光地も同じです。しかし福岡の強みは...

2016年4月1日にソニーストアが福岡天神にオープン。なんとアップルストアの前でツタヤの隣りです。この地域がまたさらにおしゃれなエリアになります。アップルストアとは競合するのではなく共存したいという記事を見ました。お客さんの立場から見てもこの地域を回遊し相乗効果が生まれそうな気がします。ソニーはインバウンド観光客をどう捉えているのか。はっきりしたことはわかりませんがこの立地なら外国人観光客がソニー...

福岡三越に空港型免税店がオープン。ちょっと複雑な手順はこの3ステップです。1.パスポートや航空券を提示して会計後商品引換券を受け取る。2.福岡空港の出国手続後専用カウンターで商品受け取り。3.商品を確認して飛行機へ搭乗する。なので福岡空港から海外へ出国する日本人も購入可能ですが主にターゲットとしているのはインバウンドの外国人観光客。2015年福岡には200万人以上の外国人が入国しました。その内福岡...

福岡市西区小戸にあるマリノアシティ福岡九州最大級のアウトレットモールです。ここに近年、外国人観光客が買物に来るようになりました。日本人顧客の購買力の低下に反比例し外国人観光客の来店人数と購入金額は上昇しています。マリノアシティもインバウンド対策を行うようになりました。マリノアシティのインバウンドを外国人の視点とそれに対応するマリノアシティの視点でマーケティングしていきます。

福岡空港の近くに2016年7月にオープンした免税店の九州国際観光広場。多くの訪日外国人で賑わっています。九州国際観光広場(名称)KISS福岡(通称)通称はKSS福岡で呼ばれています。九州国際観光広場はどこにでもありそうな名前ですよね。他の免税店と間違える人もいます。KISS福岡の方がわかりやすいのでみんなそう呼んでいます。九州国際観光広場の総面積は約7000平方メートル。ショッピングスペースと80...

福岡の街は外国人観光客が多く来ています。街で外国人とすれ違うのがいつのまにか普通になってきました。訪日外国人の入国者がさらに伸び続けている福岡。企業もこの状況に反応して出店をしています。インバウンドに湧いていると気付いた福岡の企業は店舗を続々とオープンさせています。人間が集まるところに経済は発展し経済が発展するところに人間は集まる。この鶏と卵のような関係が今まさに福岡で起きています。なのでこれから...

福岡に来る外国人観光客はアジアの人たちがほとんどです。韓国人、台湾人、香港人、中国人、タイ人など。その人たちに共通していることが、みんな日本のラーメンが大好き。そして福岡をらーめんシティ(Ramen City)と呼んでいます。最初は中華料理にも韓国料理にも麺類はあってそちらの方が美味しいんじゃないの?って思っていましたが、みんな口を揃えて日本のらーめんが美味しいといいます。福岡はとんこつラーメンが...

福岡パルコの地下を歩くとどの時間帯でも行列しているお店があります。伊万里牛ハンバーグステーキのお店です。その行列をよくみると韓国人ばかり。店の名前はこちら極味やなぜこんなに韓国人観光客が多いのか不思議になってインタビューしてみました。そしてインターネットで調べてみました。極味やの名前は福岡に来る韓国人には超有名だそうです。なぜ極味やが韓国人に有名になったのでしょうか?その理由が少しづつわかってきま...

外国人観光客も食べるのは大好き。日本には日本でしか食べることができない食べものがあり、福岡には福岡でしか食べることができない食べ物があります。福岡にしかないお店も多く福岡へ来ないと食べれないのです。日本人も同じように福岡グルメを楽しみに観光へ来ますが、近年インバウンド外国人観光客も同じような行動をするようになりました。きっかけは情報をインターネットで得ることができるようになったからです。しかも韓国...

福岡で人気の食べ物といえばラーメン。らーめんシティと呼ばれるくらい有名です。しかしラーメン以外にも外国人の心に残る食べ物があります。インタビューすると意外な答えもありました。視点の違いです。普段日本人が感じない視点で見るといろんな食べ物が福岡で美味しく感じるのです。インタビューしていて自分の考えを改めたのと同時に福岡のあらゆる食べ物が美味しく思えてきました。ラーメン以外にどんな食べ物が人気があるか...

福岡はグルメ天国だということは日本人は当然知っています。これが外国人でも同じです。外国人でも美味しいものは美味しいんです。とんこつラーメンに代表される福岡独特で博多にしかない味もあります。ラーメンに関しては外国人たちは福岡のことをらーめんシティと呼んでいます。外国人の舌も唸る福岡のグルメとはどんなものがあるのか?インバウンドの視点でマーケティングしていきます。これを読んだらお腹が空いてくるかもしれ...

福岡には屋台文化があります。外国人観光客にとっても屋台は魅力的。しかしどんなシステムなのかよくわからないという声も聞きます。ガイドブックに写真が載っているけどどこにあるかわからないという声も聞きます。それもそのはず昼に行っても屋台はありません。夜に出没するのです。こんな簡単なこともやはり外国なのでわからなかったりします。そこでインバウンド外国人が聞くよくある質問をまとめました。Q&Aで書いています...

台湾人の友達がスマホを見ていたので「何を見ているの?」と聞いたら、「これめちゃめちゃおもしろいよ」と中国語で言ったので、「どれどれ?見せて」と言って見せてもらいました。そのサイトはasianbeatアジアンビート若者向けのポップなサイトです。しかしこのサイトよく見ると福岡県が運営しているのです。もちろん委託して制作していると思うのですが、それにしても行政らしからぬオシャレでオタクで流行を感じるサイ...

福岡市にどのくらいの外国人が来ているのか。2015年の数字が発表されました。多くの外国人観光客が来ているのは知っていましたがこれほど多いとは予想以上です。多いだけではなく増加率にも注目。一般企業が景気に苦しむ中、インバウンドの現場はつねに賑わっています。どこの国や地域からきているのかも数字で出ています。福岡に来る外国人でもっとも多いのはどこの人なのか?これは日本の他の地域とは違う福岡の特色です。

最近福岡に外国人が多いなと思っている人も多いはず。しかし数字で把握している人は少ないのが現状です。福岡空港に何人の外国人が来ているのか?博多港には何人の外国人が来ているのか?国籍地域別の内訳は?これを知っていると知っていないとではインバウンドマーケティングの戦略も具体的対策も違ってきます。誰でも見れるインターネット上にあるのでいつでもチェックできます。数字をこちらにも書いておきます。

福岡市は実はMICEに強い街です。国際会議やイベントや見本市に強く開催件数も実績があります。国際会議に関しては東京についで全国2位の開催件数です。MICEに強い福岡の魅力とはなんでしょうか?ポイントが5つあります。このポイントを見るとなるほど福岡で国際会議をしたくなるなと思います。場合によっては東京よりも魅力的な条件です。MICEで外国人を集客すると自然とそれはインバウンドになります。MICEは大...

日本各地に桜の名所があります。福岡も桜の名所はもちろんあります。有名なのは福岡城、大濠公園、西公園。この3つは隣接していてどこもきれいな桜が咲きます。桜を楽しみにしているのは外国人も同じです。外国人観光客も桜の開花に合わせて旅行をする人も多くいます。混み合う時期なのでこの時期のホテルの予約は注意が必要です。桜と外国人と福岡この3つを重ねあわせてマーケティングしていきましょう。

国土交通省が発表している全国の公示地価の話題です。もちろんこのサイトではインバウンドの関連をチェック。今回の公示地価はインバウンドと密接な関係がありそうです。訪日外国人が多い地域はこんな流れで地価も上昇します。1.訪日外国人が増加2.インバウンド消費が活性化3.インバウンド市場を狙い企業が出店4.商業施設やホテルが出店し地価上昇を牽引5.インバウンド人気の地域で地価が上昇特に博多駅周辺ではインバウ...

2016年6月24日から6月28日までライオンズクラブ国際大会福岡が開催。第99回です。記念の100回のひとつ前といこともあり盛り上がっていました。聞いたことが無いひとにはピンと来ないこのライオンズクラブ国際大会ですが、知っている人はこの話題で盛り上がっています。規模が大きいんです。実際にこの日になると福岡の街が異様な雰囲気に包まれることでしょう。それだけの人数がこの国際大会に関わります。このライ...

福岡では毎年秋にアジアフォーカス福岡国際映画祭が開催されています。アジアの良質な映画を見ることができます。作品数も多く日程も約10日あります。数多くのアジアの映画の中から選ばれた映画は「おもしろい」の言葉では足りません。心をえぐられるような深い作品情景が美しい作品文化を知ることができる作品今まで知らなかった地域の習慣を知ることができる作品今の経済状況や世情を表した作品都市の発展を知ることができる作...

アリペイ(支付宝)とは中国の阿里巴巴グループが提供する決済システムでスマホのお財布ケータイのようなもの。iPhoneのAppleが発表したApplePayに似ています。今まで銀聯カードが流通していましたが最近はアリペイの使い勝手がよくある資料によると中国人4億人以上が利用しているとのこと。日本人の全人口が1億2000万人なのですでに市場はかなり大きいのです。これを福岡の商店街が2017年の春節に実...