インバウンド実務主任者認定試験の勉強方法

MENU

インバウンド実務主任者認定試験が全国各地で開催

インバウンド実務主任者認定試験が全国各地の試験会場で開催されます。インバウンドという言葉がまだ世間に浸透していなかった頃から外国人観光客に感心を持ち仕事でも関わってきました。試験になったということは需要がさらに増加しているのだなと思います。

 

需要が増加しているということはどういうことか簡単に説明しましょう。

 

訪日外国人の増加
2014年:約1300万人(実績)
2015年:約2000万人(実績)
2016年:約2400万人(実績)
2020年:約4000万人(目標)

 

実績が上がり続けています。こんな業界は他にはなかなかありません。そして政府も2020年には年間約4000万人という数字を目標にしています。国を上げて目標に突き進んでいます。ここには2020年の東京オリンピックという大きなイベントも相乗効果として関係しています。

 

東京オリンピック

インバウンドの仕事は多種多様

インバウンドの仕事というと何を思い浮かべるでしょうか?外国語を使った通訳を思い浮かべる人も多いでしょう。ホテル業界をイメージする人も多いでしょう。

 

訪日外国人が行動するところにインバウンド求人があります。商店街に目を向けるとドラッグストア、コンビニ、スーパー、100円ショップなど外国人が増えてきました。外国での表記も違和感がなくなってきています。

 

商店街だけではありません。自治体もインバウンドに関心を持って外国人を積極的に誘致しています。今まではその自治体も財政難のところや過疎化が進んでいるところがあります。地方創生は数年前まで若者に仕事を提供することが多かったのですが最近はインバウンドと同義で議論されることも多くなってきました。大きな変化です。

インバウンドの仕事があるから求人も増加

訪日外国人が増え続ける限り仕事は増えていきます。外国人は積極的に行動します。日本人より行動しています。行動しているときにお金を遣います。そこに仕事があります。

 

どこに仕事があるか求人があるか外国人の行動を見ればわかります。仕事を見つけるのが今困難な人は求人情報誌だけでなく外国人の行動に目を向けるといいでしょう。

 

インバウンド

インバウンド実務主任者認定試験

外国人がこれだけ日本に来ているので仕事があることはわかったと思います。ではこの「インバウンド実務主任者認定試験」は何を目指しているのか。この試験の名前通り主任者育成を目指しています。そうなんです。主任者になる人材が不足しているんです。

 

インバウンドは新しい分野が多く今までの経験が通用しない場合があります。とくに知識面では今までと違うことが多いでしょう。ということはどういうことかというと今まで別の部署にいた偉い人(部長・課長・係長・主任)ではインバウンドの知識が不足しているのです。

 

・インバウンドは成長産業
・インバウンドは新しいマーケット

 

この二つが主任者クラスの人材不足につながっています。視点を変えればスタートラインが同じなのでこれから目指す人にとってはチャンスです。

 

試験内容と勉強方法

 

試験の内容は試験サイトを参照ください。このサイトを読むだけでも勉強になります。300記事以上あります。

 

記事一覧

 

試験の合格のためにはもちろん合格後も役立つ情報とインバウンドの視点です。この柔軟な視点が新しい分野であるインバウンドには求められています。

 

外国語の勉強

 

インバウンド実務主任者認定試験にはインバウンド会話(英語・中国語・韓国語から1言語選択)という項目があります。資格を持っている人は免除されます。それだけ外国語を重要視しているのでしょう。

 

英語、中国語、韓国語とありますが現状のインバウンド訪問客と今後を考えるとこの外国語を勉強した方がいいでしょう。

 

1.中国語
2.韓国語
3.英語

 

英語圏の外国人の割合はデータを見ると一目瞭然で少ないです。気になる人は観光庁のデータを見てください。アジアの外国人が本当に多いんです。その中でも多いのが中華圏と韓国。韓国も多いので韓国語の必要もありますが、アジアのまだ開拓されていない観光客を考えると中華圏をターゲットにすべきです。

 

中国語が話せると中華圏のお客様と対応ができます。これは面接のときにも武器になります。まだまだ日本人で中国語堪能な人は少ない状態です。だからこそここにチャンスがあり優遇されるのです。

 

中国語をゼロから始めたい人はこちら

 

インバウンド実務主任者認定試験は時代の流れに乗った資格試験です。インバウンドに関わっている人はもちろんインバウンドにこれから関わろうとしている人にとっては知っておいた方がいい内容です。


注目記事
売上げアップ!中国語単語無料メルマガ案内

YouTubeマーケティングで消費までクロージング

若者が使うtwitter集客も視野に入れよう

今注目のInstagramハッシュタグで写真コミュニケーション

関連ページ

インバウンド求人を探すときに便利なサイトのランキング
インバウンド求人を探すときに便利なサイトのランキング。おすすめのエージェントです。アジアが好きなら中国語を活かせる仕事を探して就職転職しましょう。検索に「中国語」「語学を活かす」など入力したらたくさんの仕事が出てきます。これからはアジアの時代です。
中国語を活かして輝けるインバウンド求人ランキング
中国語を活かして輝けるインバウンド求人ランキング。おすすめのエージェントです。アジアが好きなら中国語を活かせる仕事を探して就職転職しましょう。検索に「中国語」「語学を活かす」など入力したらたくさんの仕事が出てきます。これからはアジアの時代です。
インバウンド観光の知識を活かしてAmazon中国輸出
インバウンド観光の知識を活かしてAmazon中国輸出を個人でできる時代になりました。抹茶お菓子がよく売れているとかドラッグストアの売筋を知っているとか、そんな知識がビジネスになります。インバウンド求人の時給より高くなる可能性も多いにありますよ。
語学力だけではない!インバウンド人材に求められる能力とは
語学力だけではない!インバウンド人材に求められる能力とは何かを分析。中国語だけではないインバウンド求人の現場をチェックしていきます。日本人的な対応力や調整力も必要です。その一方で外国人のようなしたたかさも必要です。そしてそのバランスが最も大事です。