九州のインバウンド外国人の特色

MENU

九州福岡の国地域別訪日外国人観光客の特徴記事一覧

福岡空港国際線発着の航空会社を見ているとほとんどがアジア便です。LCCも多く離着陸するようになりました。福岡空港国際線ターミナルには日本人の旅行者よりも外国人、そしてほとんどがアジア人の旅行者でいっぱいです。国際線ターミナルでは各国の言語が飛び交っています。中国語、韓国語、広東語など。その共通言語として英語があるようです。アナウンスも各国の言語のあとに英語が続きます。日本人の乗客も少しいるしここは...

福岡の中国人観光客の特徴とは何か?イメージでとらえている人もいるでしょう。しかしイメージと実態は違います。福岡の街は中国人でいっぱいだという人がいます。果たしてみんな中国人なのでしょうか?アジアの外国人をみんな中国人観光客だと思っている人もいます。アジアの外国人には台湾人、香港人、シンガポール人、韓国人、タイ人がいてこの外国人も福岡の街を歩いています。一般の福岡の人はテレビや雑誌の影響で中国人ばか...

福岡には台湾人は飛行機でやってきます。チャイナエアラインエバー航空キャセイパシフィック航空タイガーエア台湾台湾便は上記が現在就航しています。タイガーエアとバニラエアはLCCです。片道1万円前後です。安いキャンペーンのときは片道5千円前後のときもあります。この飛行機でやってくる台湾人観光客は大きく2タイプです。個人旅行団体旅行どちらも多いです。台湾人は日本が大好きなのでいつも多くの乗客で賑わっていま...

福岡へ乗り入れしいる香港便は3路線。キャセイパシフィック航空香港ドラゴン航空香港エクスプレスどれも満席に近いお客さんです。キャセイパシフィック航空は台北経由なので台湾人のお客さんも乗っています。香港ドラゴン航空と香港エクスプレスはほとんどが香港人。ちなみに日本人はほとんどいません。香港人は福岡をどう見ているのか?他のアジア人とどう違うのかチェックしていきましょう。

福岡のインバウンドの外国人をテレビや雑誌のイメージで捉えている人は中国人を頭に思い浮かべる人もいるでしょう。しかし数字をチェックすると現実は違うところにあります。2015年福岡への外国人入国者数は200万人。その40%以上が韓国人です。数字で考えると80万人以上。イメージとは違い福岡には韓国人の旅行者が多いのです。福岡に来る韓国人の特徴をチェックしていきましょう。

タイと福岡を結ぶ飛行機はこちらタイ国際航空これにタイ人観光客が乗っています。上海便や北京便に比べると多くの乗客が乗っています。日本人はほとんどいなくてタイ人です。タイ人がここ数年急激に増えています。タイ人観光客の特徴とは何か?タイ人は福岡でどんなところに行っているのか?タイ人のこれからのインバウンドマーケティングはどうすればいいのか探っていきましょう。

外国人観光客は九州が大好き。東京や京都に行った人は次は九州だという人が多くいます。九州の魅力とはなんなのか。外国人はなぜ九州に行きたがるのか。中国、台湾、香港、タイ、シンガポールの飛行機の九州への便はいつも満席。個人旅行も団体旅行もいます。インタビューを繰り返した結果と、外国との比較によって九州の魅力が再発見できました。日本人より九州に詳しい外国人も多くなってきています。理由は多岐にわたり深いこと...

大分県の湯布院に行くと外国人観光客が多くてびっくりする日本人が増えています。日本人の知らぬ間に湯布院に外国人観光客が殺到しているのです。その外国人観光客のほとんどはアジアからの観光客。中国、韓国、台湾、香港が多いです。ツアー客も個人客もいます。湯布院のメインストリートは外国語がワイワイガヤガヤ飛び交っています。揚げたてのコロッケを食べている人やソフトクリームを食べている人が歩いています。今回はこの...

「ロイヤル・カリビアン・クルーズ」と熊本県が連携して八代港を整備することが発表されました。整備されれば22万トン級のクルーズ船が着岸できます。年間最大200隻の寄港も可能になります。2020年の完成を目標にしています。これにともない護岸整備だけでなくターミナルビルや商業施設の整備も進めています。世界のクルーズ状況を考えればこれは流れに乗っています。今注目しているのは「厦門(中国)」「基隆(台湾)」...