インバウンド予想と中国インターネット通販サイト

MENU

2016年インバウンド予測!今後の中国人観光客の消費動向

2016

2016年訪日中国人観光客の動向が気になる人も多いでしょう。

 

2015年はいろんなプラス材料とマイナス材料がありながら、訪日外国人数も増加し、百貨店の業績もインバウンド効果で上向きになり、爆買いが流行語大賞になりました。

 

インバウンドに関係者も昨年1年間で増えたはずです。今は好調なインバウンド業界はこのまま好調は続くのでしょうか?

 

インバウンドに関するよくある質問に答えながら、2016年のインバウンド消費予測対策を書いていきます。


2016年のインバウンド消費の予測と対策

中国経済は減速するのか?

中国経済が減速するからインバウンドが続かないというコラムニストがいます。これは予想なので当たるか当たらないかわからないことです。予想どおりにビジネスすれば大金持ちになります。そうならないのが経済であり株価です。

 

2015年夏の上海株価暴落も予想できた人はほとんどいないでしょう。さらに上海株価暴落後、訪日中国人観光客が減少しインバウンド消費も冷え込むと予想したコラムニストが多くいましたがそのとおりにはなりませんでした。

 

中国経済が減速するのかしないのかまだわからないというのが現状です。

 

なぜ日本経済と比較するのか?

中国経済がよく日本経済と比較して報道されます。ある程度は参考になるのですが、あらゆる点で違いもあります。この違う点はあまり比較せず日本のバブル期と似ているということがよくささやかれます。違う点を整理すると

 

1.中国の人口規模
2.中国と世界経済の関係
3.中国の経済システム

 

日本と中国の人口を比較した場合10倍以上違います。これを単純に比較できないのです。日本が歩んできた経済の歴史と今の世界経済が同じではありません。これも単純には比較できません。アジア全体で急成長している状況は日本のバブル期にはありませんでした。中国の経済システムも日本と同じではありません。内容と時代の両方を見るべきです。

 

このように比較できる部分とできない部分があります。単純に比較したものを鵜呑みにしないように注意しなければなりません。

 

日本経済の冷え込み

ニュースや新聞ではプラス材料も発表しますが、実際身近な日本人の景気がよくなっているかというとよくなっていません。百貨店の顧客を見てもわかるはず。日本経済の冷え込みは既成事実として目の前にあります。インバウンドの訪日外国人に百貨店が目をつけるのは自然な流れですね。

今後のインバウンド消費は越境ECが関係してくる

インバウンド消費の2016年の予想

じゃあどうしたらいいの?という声が聞こえてきそうです。今の流れを考えると、しばらくは訪日外国人観光客は増え続けるでしょう。これは2020年の東京オリンピックまで続きそうです。これと同時にインバウンド消費も増え続けるでしょう。ただし二つの要因が必要です。いつも言っていることで当たり前のことですが、この基本要因をしっかり頭に入れておくとインバウンド対策をどっしりした気持ちで行うことができます。

 

1.円安
2.アジアの経済成長

 

シンプルに考えるとこの二つです。お金を持っていて安く感じたら消費するのは当たり前の行為です。日本経済が冷え込んでいるのはお金がなくて高く感じているから消費しなくなっています。アジアの国々はどんどん経済成長しています。円安は今後どうなるか誰もわかりませんがしばらくは続きそうです。

 

インバウンド

 

2016年のインバウンド消費の対策

東京スカイツリー

2016年も訪日外国人は増加する予想です。政府も企業も予算を組んで動いています。日本製品の評判もよくこれからも売れ続けいていくでしょう。しかしここからが大事なところです。

 

日本で買えない商品や日本で買うと安い商品はこれからも日本国内で消費されインバウンド消費も増えていきます。ここに大きな流れがきています。日本の商品を海外のインターネット通販サイトで買うことが今後増えるでしょう。例えば中国の淘宝網(タオバオ)などで日本製品を買う行為です。

 

日本で買うより安かったり同額であれば便利な通販サイトで購入するのが自然の流れです。この流れに乗って日本企業も海外通販サイトに出店するところも増えてきました。通販サイトは個人でも出店できるので、個人でビジネスをしている人も増えてきています。

 

本屋とAmazonの関係がインバウンド業界でも当たり前になりそうです。本屋で本をみてAmazonで注文するのは今や自然の流れです。日本製品の良さを日本で知り、タオバオで注文する人が増えてきそうだということです。

 

それを予想してビックカメラもラオックスも中国の通販サイト(越境EC)に出店しています。多くの日本人が想像するより充実し便利なサイトがそこには存在します。

 

訪日外国人はこれからも増えていくでしょう。日本の景色を見て「素晴らしい!」という人も増えるでしょう。日本でしか食べることができない新鮮なものは「おいしい!」というでしょう。日本製品を欲しがる人も増えていきます。

 

しかし日本製品に関していえば商品の流れが大きく変わる1年になりそうです。

 

対策としては目の前のニュースに流されず、しっかり物の流れとお金の流れを捉えたら商機は見えてきます。特にインターネットの流れに注目するのが大事です。

 

さきほども言ったように個人でも貿易ができる時代になりました。大企業だけでなく個人も参戦したインバウンド商戦が繰り広げられそうです。

関連ページ

2015中国人に人気の日本の福袋が都内百貨店でバカ売れ
最近の日本の初売の福袋事情に変化がおきています。中国人が大量に買っています。観光客もいるし、せどり転売目的の人もいます。円安免税の追風もあり、都内百貨店やヨドバシカメラやビックカメラでは中国人が高額福袋をどんどん買っていきました。
中国人に人気の激安の殿堂ドンキホーテは毎日お祭り騒ぎ
「ドンキに行ったら外国人がすごかった」嶋村ヒロ(著)こんな漫画もあるくらい今ドンキホーテは観光客に人気です。その中心は中国人。激安、驚安に惹かれてどんどん買物していきます。品揃えも豊富なので見る楽しみもあり観光地としての役割も果たしています。
長崎港へ来るクルーズ船の中国人はゆめタウン夢彩都でお買物
長崎へ大型クルーズ船が増加傾向にあります。長崎港だけでなく佐世保港へも着岸できるようになりました。2014年寄港は92件、2015年は100件以上の見込みです。長崎でもお目当ては買物。ゆめタウン夢彩都に中国人観光客が一斉に押し寄せています。
2015年旧正月休暇の中国人の人気の旅行先は日本
2015年の旧正月はいつかというと2月19日。春節には中国人観光客が大量に日本へ来ることが予想されます。民族大移動になるかもしれません。その影響を考えてみました。早めに対応策を考え、商機は逃さないように事前の準備が必要です。
数字で見る訪日外国人旅行者数!1300万人突破というけれど
2014年に日本に来た外国人、訪日外国人旅行者数が1300万人を突破しました。過去最高でめでたいことではあるのですが数字をチェックしてみると意外な新発見もあります。韓国、香港、シンガポールと比較。さらにフランスは8000万人の旅行者が訪れます。
三越伊勢丹グループのセール告知が外国人向けでおしゃれ
中国人観光客に人気の三越伊勢丹グループ。その冬のクリアランスセールの動画CMがおしゃれです。日本語・英語・中国語を同じモデルが話しています。多言語展開を目指しているのが伝わってきます。銀座三越は特に中国人で連日賑わっています。
台湾人に人気のとんこつラーメンの一蘭が観光地になっている
台湾人に日本のとんこつラーメンが大人気。ランキングナンバー1のお店は一蘭です。一蘭は日本を代表する観光地といっても過言ではありません。日本で食べたいものは今やお寿司でもなく天ぷらでもなくラーメンなのです。その人気の理由とは
2015旧正月休暇に中国人観光客が日本旅行を選ぶ理由
中国人の旧正月休暇に日本旅行の人気が急上昇。人気のポイントはゴミ、食品、空気、本物、おもてなし、近さ、買物。日本人にとって当たり前のことも外国人観光客にとっては新鮮で観光資源になるのです。2015年の春節は2月19日。多くの観光客が来日しそうです。
中国人観光客に人気のドンキホーテが喜ばれる8つの理由
中国人観光客のドンキホーテ。円安免税でお土産を大量買いする人もたくさん。ドンキホーテは中国語で唐吉诃德といいます。炊飯器などの家電から日本酒、お菓子、化粧品まで何でも安い激安の殿堂です。秋葉原、銀座、池袋、六本木、新宿など全国に250店舗以上あります。
ラーメンシティ福岡で中国人観光客が人気の本格とんこつを食す
中国人観光客も喜ぶ博多の豚骨ラーメン。最近、外国人の間で福岡はラーメンシティと呼ばれています。本格とんこつスープと替玉システムが人気です。中でも1番人気の店は一蘭。しかし2番手以下のレベルが高いのも福岡の特徴です。屋台のラーメンも人気。
外国人観光客に人気の新宿歌舞伎町のロボットレストラン
外国人観光客に大人気のロボットレストラン。総工費100億円が話題を呼んでいます。場所は東京の新宿歌舞伎町。欧米人をはじめ、アラブやインドや中華圏のお客さんの予約でいっぱいです。SNSなどのfacebookで話題を呼び口コミが広がっています。
クーポン好きの中国人にビックカメラがスマホアプリで提供
春節商戦で話題のビックカメラのクーポン券が外国人観光客に人気です。中国人は特にお得が大好き。iPhoneやアンドロイドスマホにDiGJAPANの無料アプリをダウンロードするとそこにいろいろなクーポン券があります。1番人気はビックカメラです。
なぜ中国人は日本の百貨店や家電量販店で爆買いできるのか
なぜ中国人観光客は日本の百貨店や家電量販店で爆買いできるのでしょうか。最大の理由は経済成長と円安です。ポイントをつかむとインバウンドマーケティングが見えてきます。2015年の春節商戦を勝ち抜く訪日外国人対策のヒントを紹介します。
新年快楽!春節に縁起のいい赤色で中国人観光客にアピール
中国人の好きな色は赤色。めでたい色でもあります。新年快楽をあいさつを交わす旧正月である春節も赤い飾り物をします。インバウンド商戦にすぐに取り入れることができる赤色マーケティングを紹介します。簡単アイデアで売上がアップします。
北陸新幹線に乗って外国人観光客が金沢に行って食う寝る遊ぶ
北陸新幹線が開業します。外国人観光客も注目の開業です。日本人にとっては高い運賃も中国人にとっては安いんです。円安の影響です。アジアの外国人に人気が出そうです。東京駅から金沢まで約2時間30分。JR東日本の時刻表も要チェックです。
中国人観光客が日本旅行で決済する銀聯カードとは
中国人観光客に人気の決済方法、銀聯カード。インバウンド商戦を勝ち抜くためには加盟方法を知ってぜひ活用しよう。まずは銀聯カードとは何かを知ることが大切です。中国のみならず日本国内のATMで円を引き出すこともできます。ロゴマークのある店も要チェック。
春節インバウンドの爆買いの次は国慶節の中国人観光客を狙え
春節の次の大型連休は国慶節。中国人観光客が次に爆買いする時期はここです。中国には5月のゴールデンウィークも8月のお盆もありません。10月に1週間くらいの連休があります。商品の品揃え、中国語対応、中国経済をチェックして準備をすることをおすすめします。
CCTVテレビニュースで見る世界で爆買いする中国人観光客
中国のCCTVのテレビニュースで世界各国で爆買いする中国人観光客を特集。日本、韓国、シンガポール、アメリカでの春節の買物風景を分析。インバウンドマーケティングも世界の視点で見ることは大切です。外国のインバウンド戦略を学ぶことができます。
北陸新幹線で行く外国人に人気の観光地ランキング
北陸新幹線開通で交通の便がよくなり日本での移動が快適になります。外国人観光客にとってもうれしいニュースです。北陸の観光地ランキングをみると、近江町市場、雪の大谷、加賀屋などがランクイン。これから中国人のシニア世代も自然を求めて旅行しそうです。
免税を勉強して爆買いする中国人観光客に買物してもらおう
免税とは何か。免税店になるにはどうしたらいいか。シンプルに免税がわかる入門講座です。訪日外国人が買物する免税店になったら売上アップ、爆買いする中国人観光客も対象です。tax freeとduty freeの違いなどまずは免税の仕組みを勉強しましょう。
村山慶輔(著)『訪日外国人観光ビジネス』で中国人の勉強
インバウンドマーケティングを勉強するためのおすすめの本の紹介です。『訪日外国人観光ビジネス 入門講座 沸騰するインバウンド市場攻略ガイド』村山慶輔(著)、『中国人観光客を呼び込む必勝術―インバウンドマーケティングの実践』徐向東(著)など
日本に来る外国人観光客の数字をインバウンドに活かすコツ
日本に来る外国人観光客のJNTOの数字を分析してインバウンドマーケティングに活かす方法です。中国人が増えていますが、多いのは台湾人韓国人だったりします。イメージではなく数字で捉えてインバウンド商戦を勝ち抜きましょう。分析力がカギになります。
中国人の爆買いで炊飯器の象印の株価が急騰!今後の株予想は
中国人観光客の爆買いで日本の株価にも影響が出ています。急騰する株価も。炊飯器が爆買いされているので炊飯器の象印が人気です。これを分析していくと次に株価が上がる銘柄も予想がつきます。中国人観光客から見る株価予想もおすすめですよ。
夏休みに中国人が訪日するデータでインバウンドお土産準備
夏休みに中国人が訪日するデータでインバウンドお土産準備をしましょう。春節、GW、国慶節よりも夏休みに中国人観光客が日本に来るという2014年のデータが数字で出ています。夏休みとインバウンドマーケティングをどう関係付けるかポイントを紹介します。
訪日タイ人観光客が急増!人気の理由とJNTOの数字
訪日タイ人観光客が急増しています。ラーメン博物館とメロンパンと山梨のお寺がタイ人観光客に人気がある理由は何か。その原因はタイでのインターネットの情報にありました。インバウンドマーケティングもインターネットの情報の攻略がキーポイントになってきます。
タイ人観光客の日本ツアーで人気の観光地とお土産ランキング
タイ人観光客の日本ツアーで人気の観光地とお土産をランキングで紹介。タイ人が喜ぶカニ食べ放題、抹茶お菓子、とんこつラーメン、100円ショップ、お寺。タイと日本の共通点と違いを上手く感じ取りながら日本旅行を楽しんでいます。同じアジアというのもポイントです。
タイ人観光客急増のテレビニュースYouTube動画まとめ
タイ人観光客急増のテレビニュースYouTube動画まとめです。これを見て急増するタイ人観光客のインバウンドマーケティングに備えましょう。山梨県富士吉田市の下吉田駅には富士山と五重塔の1枚の写真が撮れるスポットもインターネットの口コミで人気になりました。
インバウンドで成功するLINE以外の国別スマホアプリ戦略
インバウンドで成功するLINE以外の国別スマホアプリ戦略を紹介。日本人が知らない意外な事実とは。ラインだけでは通用しないインバウンド携帯アプリ口コミを紹介します。中国はWeChat、韓国はカカオトーク、シンガポールはWhatAppです。
インバウンド銘柄!東京オリンピックに向けて熱い沸騰株
インバウンド銘柄をチェック。東京オリンピックに向けて熱い沸騰株を業種に分けて紹介します。誰も知らないプロルート丸光のようなインバウンド株価も予想します。訪日中国人観光客と株価と日本経済は密接に関係。オリンピックも好材料になっています。
和牛料理ショーを堪能する自由旅行で日本に来るアジアの観光客
外国人観光客が食べた日本料理の中で満足度が高い和牛とはどんな特徴があるのか。人気の理由を分析。フリープランで日本を旅行する外国人に人気の日本料理は牛肉ディナーです。安全で美味しい日本の牛肉の口コミがインターネットを中心に広がっています。和牛インバウンドが熱い。
なぜ爆買い急増!2015夏休みに中国人観光客が増える理由
なぜ爆買い急増しているのか。2015年の夏休みに中国人観光客が増える理由とは。大型クルーズ船で日本に来る中国人観光客が旅行を決定するまでの思考過程を分析しました。家族旅行が増える夏休みのインバウンドマーケティングを5つのポイントで解説。
銀座裏通りの和牛ランチスポットがアジアの観光客に人気
銀座裏通りの和牛ランチスポットがアジアの観光客に人気です。行列することも。中国人、台湾人、香港人、韓国人が喜ぶ銀座穴場の牛肉ランチ。牛庵と平城苑が2件並んでいます。ランチ激戦区の銀座にあって高級なのに格安な店です。
週刊東洋経済7月25日号で中国人の銀座の家電量販店動向を分析
週刊東洋経済7月25日号で中国株や中国人観光客の特集が組まれています。その中で注目したのは銀座の家電量販店動向です。ラオックス銀座店、ビックカメラ有楽町店、ヤマダ電機新橋銀座口店。中国株と訪日客を狙った銀座の家電量販店3社の比較します。
インバウンド観光誘致は円安の今が旬!円高対策も今のうちに
インバウンド観光誘致は円安の今が旬です。割安感で中国人観光客が日本に来て訪日外国人客数も急上昇。中国人の爆買いの本当の理由はおもてなしでも日本製でもなく円安がポイントです。これを分析していきます。円高対策も今のうちにやっておくことをおすすめします。
成田空港にANAの免税店がオープンしインバウンド商品を販売
成田空港にANAの免税店がオープンしインバウンド商品を販売します。主な商品は炊飯器や美容器具やお菓子。爆買いに備え帰国する直前までお客をおもてなしします。ここでマーケティングされた売筋商品や接客中国語などのマニュアルは全国のANAで共有されるはずです。
中国の大型連休の国慶節!爆買い前に店が準備する3つのポイント
中国の大型連休の国慶節がやってきます。国慶節はいつかというと2015年10月1日から10月7日の7連休です。爆買い前に店が準備する3つのポイントをまとめました。免税店も成田空港も銀座もクルーズ船も国慶節爆買い対策に備えなければなりませんよね。
都道府県別外国人宿泊者数は東京都が全体の30%
都道府県別外国人宿泊者数でインバウンド観光を分析します。2014年に日本に泊まった外国人の延べ人数は4482万人でした。その中で東京都は全体の30%、ベスト3の東京都、大阪府、北海道で50%です。数字をチェックするとインバウンドマーケティングも見えてきます。
国慶節に中国台湾香港から日本に来る人を5W1Hでマーケティング
2015国慶節インバウンドマーケティングのすすめ!国慶節に中国台湾香港から日本に来る人を5W1Hで質問しましょう。せっかく大型連休に多くの観光客が来るのでこのデータを分析したら次の春節にも活かせます。具体的にインタビューしたりアンケートをとったりしましょう。
外国人観光客が1番多く来る国はフランス!インバウンドの秘策とは
外国人観光客が1番来ている国はフランス、年間8000万人以上の外国人訪問者数がいます。国別に分析し日本のインバウンドに活かす方法を考えましょう。観光立国を目指しおもてなしの方法を知りたげれば日本人が海外旅行に行って学ぶことも大事です。
婚活インバウンド!合コン結婚の中国人ウエディングビジネス
婚活インバウンドの合コン結婚ウエディングビジネスを提案。日本で人気の婚活を中国人観光客と結びつけマーケティングした婚活ビジネスアイデア集です。考え方の基本がわかると婚活以外の分野でも応用可能です。中国人と日本人のニーズをマッチさせることがポイントです。
中国経済とインバウンドの関係!国慶節景気は春節まで続くのか
中国経済とインバウンドの関係!国慶節景気は春節まで続くのかを分析していきます。インバウンド景気はこれからも続くのか?不安と期待とは。みんなが知りたいテーマですよね。銀聯カードの消費動向や百貨店のインバウンド対策も例に上げマーケティングしていきます。
2015年9月訪日外国人数が新記録突破で問題点が見えてきた
2015年9月訪日外国人数が新記録突破で問題点がさらに際立ってきました。大きなポイント3つ。交通、宿泊、継続です。それぞれをインバウンドマーケティングしていきます。日本政府観光局(JNTO)の訪日外国人数の数字をもとにチェックしていきました。
中国人観光客のインバウンド消費の必需品の銀聯カードとは
中国人観光客のインバウンド消費の必需品の銀聯カードとは。その内容を数字で読み解き解説していきます。爆買いにつながった銀聯カードの役割とは?メリットは?大量の現金を持ち歩かずに両替も気にすることなく商品を購入できるところが大量消費と結びつきました。
インバウンドが2015流行語大賞候補と小学館DIMEトレンド大賞に
インバウンドと爆買いが2015年の流行語大賞候補50語ノミネート。そして小学館DIMEトレンド大賞にインバウンドが選ばれました。テレビや雑誌のマスコミで話題の流行語の爆買いとは何かインバウンドとは何かこのサイトで100記事以上にわたり書いています。
インバウンド観光客にとって難解なJR地下鉄の鉄道乗換案内
インバウンド観光客にとって難解なJR地下鉄の鉄道乗換案内。インバウンド外国人観光客が電車の乗換で困っています。例えば新宿から浅草へ行く場合、複数のルートがあります。訪日客も困るし、乗り換えを教える日本人もベストチョイスに困ります。
流行語大賞の爆買いとは?2015インバウンドを読み解く
流行語大賞の爆買いとは?意味を5Wで分析。2015年のインバウンドを読み解く材料にどうぞ。中国人観光客が春節や国慶節連休に秋葉原や銀座で炊飯器を購入する光景がテレビや雑誌のマスコミに何回も取材され注目された1年でした。
これからは越境EC!ラオックスは天猫国際ビックカメラは国美在線
これからは越境ECの時代。ラオックスは天猫国際、ビックカメラは国美在線にサイトがあり中国で販売。市場規模が大きい越境ECとインバウンド店舗経営を考えるときにお客を満足させる共通点は品質の良さと安さです。越境ECの拡大により店舗も変化が求められます。
2015訪日外国人が1900万人突破!増加した5つの理由とは
2015年の訪日外国人が1900万人突破しました。増加した5つの理由とは何か。円安、近隣諸国の経済成長、日本の経済停滞、2020年東京オリンピック、クルーズ船が考えられます。爆買いという流行語も生んだ訪日インバウンド観光客もうすぐ2000万人です。
中国のSNSの微信WeChatのインバウンド活用のポイントとは
中国のSNSの微信WeChatのインバウンド活用を紹介。2016年は中国人観光客爆買いの必須ツールとしてSNSの微信が日本でも活用されそうです。すでに大丸松坂屋はWeChatの決済システムを導入しました。スマホと連動させた集客と販売がポイントです。
2016年インバウンド福袋を分析!中国輸出転売せどり目的も
2016年インバウンド福袋を分析していきます。中国人に人気の銀座松屋やビックカメラの福袋。百貨店や家電量販店や専門店の工夫されたユニークな福袋にも注目。中国輸出転売せどり目的の個人ビジネスの影響で行列ができる売れ筋福袋も出てきました。
WeChat微信などのSNSに頼る前に必要なインバウンド戦略
WeChat微信などのSNSに頼る前に必要なインバウンド戦略をお伝えします。中国人観光客の爆買いに備え微信は本当に必要か?大事なのはSNSに頼るまえの考え方です。興味、共感、支持の流れをわかっていればSNS活用も成功します。
爆買いしない中国人富裕層のインバウンド消費拡大のポイント
爆買いしない中国人富裕層のインバウンド消費拡大のポイントは多様性です。日本型の体験や学習を求めて訪日するようになっています。中国人富裕層人口増加し訪日リピーターも増加する一方滞在の楽しみ方が変化しています。観光も富裕層マーケティングが必要になってきました。
2016年春節に爆買いするのか?インバウンド予測の方法とは
2016年春節に爆買いするのか?インバウンド予測の方法とは。ホテルや航空券やクルーズ船から春節人数をチェックするとすぐにわかります。予約人数や料金です。変動性価格になっている場合はわかりやすいです。株価や中国経済が騒がれいますがこれが実情です。
日本代購の意味は転売!爆買いの要因である中国人せどりの仕組み
日本代購の意味は転売!爆買いの要因である中国人せどりの仕組みを紹介。中国人留学生の王さんにインタビュー。インバウンドを支える越境転売せどり日本代購とは。SNSのQQやWechatを活用し、その次にタオバオへそして今は独自サイトで展開。円安と税金にも敏感。