東京オリンピック2020の経済効果予測

MENU
インバウンドで効果的なYouTube集客方法を分析!詳細を見る

東京オリンピック経済効果の10の予測

東京オリンピック2020には多くの切り口があります。ひとくちにどうだとなかなかいえません。ここでは訪日外国人の経済効果という視点で考えていきます。100個以上ありそうな視点ですが今回は代表的な10の視点をピックアップします。

 

東京オリンピック

東京オリンピック経済効果の10の視点をピックアップ

ホテル

需要が高まるのは簡単に想像つきます。経済効果の前にホテルの数が足りるのかという問題が浮上しています。2020年の東京オリンピックまでにどう対応するか注目です。

 

民泊

Airbnbを始め民泊に早めに決着をつけスムーズな宿泊が求められます。ここにも経済効果があります。異業種からの参入が増加しています。需要と供給の間にある問題が徐々に整備されることでしょう。

 

移動

競技を見るには移動をしなければいけません。地下鉄、バス、モノレールなど。新しい交通システムができるかもしれません。東京を中心に日本各地で工事が進んでいます。JRだけでも注目すると東京オリンピックの影響の大きさがわかります。

 

和食

滞在期間中は食事をします。これも必須のオリンピック経済効果です。ハラル料理が注目されていますがそれ以上に訪日外国人のグルメ意欲は凄まじいものがあります。多種多様な形態が展開することでしょう。

 

チケット

トラブルが内容に販売しなるべく満席にしなければいけません。ここが上手くいかないとオリンピック全体が盛り上がりません。チケット料金だけでも多額のお金が動きます。

 

東京観光

オリンピックメインで訪日した外国人もせっかく来たので東京観光に出掛けます。観光地の整備をしないと人気スポットでは混乱を招きます。

 

地方観光

外国から見れば京都も広島もすぐそこに感じるかもしれません。地方のインバウンドも活性化します。新幹線の利用がポイントになるはず。

 

外国語

英語だけでなく中国語、韓国語、そしてマイナー言語もオリンピックでは必要になります。その国の代表が選手とともに関係者もやってきます。ガイドの制度を早めに整えておく必要があります。資格が必要なもの必要でないもの。トラブルがおきる前に整備すべきです。ここにも経済効果が見込まれます。

 

インターネット

今はインターネットの時代。WiFiのインフラは外国人の快適度に直結します。これが整うと自然に無料でオリンピックを宣伝してくれます。

 

SNS対策

インターネットの主役はSNSになっています。facebook、twitterなど東京オリンピックの経済効果を左右するアイテムとなるでしょう。

2020東京オリンピックのインバウンド経済効果の鍵は地方回遊

2020年の東京オリンピックにさまざまなことが考えられます。しかしインバウンドの視点で見るとキーポイントはこれになるはず。

 

地方回遊
東京オリンピックという名前が付いているだけあって、中心となるのは東京です。このオリンピックに付随して訪日外国人が東京以外の場所に行くかどうかがポイントです。

 

地方に人が動けばものも動くしお金も動きます。

 

交通
宿泊
観光

 

この3つに経済効果が生まれることになります。交通と宿泊にはオリンピック外国人限定という特別優遇措置がされてもいいのではないかと思います。移動と宿泊に費用が掛からなければ外国人は日本各地に行きたいはず。

 

行けばその土地土地のサービス(おもてなし)が展開されることでしょう。

 

移動と宿泊の特別優遇措置があると地方の日本人も2020年の東京オリンピックのインバウンドが楽しみになります。

 

関連記事
時間軸で考えるオリンピックインバウンド

関連ページ

東京オリンピック2020外国人訪日の経済効果を時間軸で考える
東京オリンピック2020外国人訪日の経済効果を分析していきます。今回は時間軸で考えることにします。オリンピック開催前、開催中、開催後。膨大なオリンピック関連情報も整理することから始めるとわかりやすくなります。