YouTubeでインバウンド集客

MENU

YouTubeで訪日外国人を効果的に集客するコツ

インターネットでの集客を図ろうと日本の自治体はYouTubeできれいな動画をつくっています。

 

インバウンド外国人向けにYouTubeのいいところはこれです。

 

YouTube集客

 

見たらわかる

画像なので見たら伝わります。言葉の壁がありません。いい動画をつくればそれだけで外国人は感動します。しかもインターネットの環境があればどこでも見ることができます。

 

ここで集客の難しさが出てきます。

 

いい動画を作ったけどアクセスが無いということです。これを自治体はお金を掛けて広告を出します。これでアクセスが伸びている場合があります。

 

お金を掛けたYouTube広告×ドローンを使った素晴らしい4K動画

 

これを作っているところが多いです。

 

 

同じドローンを使った素晴らしい4K動画でもアクセス数が多いか少ないかはこの広告費の差が大きいことが多いです。

 

 

上記の二つの「動画の質」と「アクセス数」をチェックしてみてください。

 

YouTubeの運営はそもそも無料

YouTubeの運営はそもそも無料です。これもYouTubeのいい点ですが広告を打つとメリットが半減します。広告費以上の消費をすればそれでもいいのですがこれはギャンブルに過ぎません。

 

ではどうやってYouTube集客するのか?

 

インターネット検索

外国人観光客が増加しています。この外国人観光客は何をもとに日本の情報を集めているのでしょうか?

 

twitter
facebook
Instagram
YouTube

 

どれも活用しています。SNSを思いつく人も多いでしょう。

 

もっとシンプルに考えれば

 

スマホで情報を収集

 

スマホを持っていない外国人観光客を見つけるのが難しいくらいみんなスマホを持っています。台湾人観光客にインタビューするとまずインターネットで調べると言ってました。

 

そう考えると深く考えると

 

スマホで検索

 

これが日本での情報収集のポイントです。この検索に引っ掛かると外国人の目にとまるのです。

 

YouTubeもGoogle傘下です。検索上位に出てきます。Googleで動画限定の検索もあります。

 

アクセスを収益に変える方法

アクセスだけ多くて満足してはいけません。アクセスを自分の顧客にしないといけないのです。

 

意外とアクセスだけで満足しているインバウンド業者も多くいます。これにはこういった理由があります。

 

・アクセスのあとの方法がわからない
・動画製作会社がアクセスまでしか目標にしていない

 

しかし目的は外国人観光客に日本で消費をしてもらうことのはずです。

 

1.YouTube動画を見る
2.訪日する気持ちが高まる
3.いざ訪日
4.具体的な旅行プランを決定
5.日本で消費

 

さらに帰国後も

 

6.SNSで思い出を拡散
7.リピーターになってもらう

 

こんな流れをつくらないといけません。

 

では何をどうすればよいのか。これは他のことでも同じですがYouTubeマーケティングを勉強しなければいけません。

 

といってもどうやって勉強したらいいかわからない人も多いでしょう。

 

そんな人のためにおすすめなのがこれです。

 

YouTubeマーケティングの詳細を見る

 

YouTubeインバウンド

 

twitter、facebookにもYouTubeは貼ることができます。メインサイトへの誘導もできます。ということはどういうことかというとバイラルが起き拡散力があるということです。

 

まだまだ知られていない方法です。知られていないので自治体は広告費を掛けて集客しています。自治体もやった方がいい集客方法だし、自治体をも越える集客方法です。

 

YouTubeはインバウンドに向いているアイテムです。画像でわかるからです。しかも検索にヒットします。しっかり収益に結びつけていきましょう。

 

一度構築すると集客が自動化するのも魅力的です。