日本最大規模の免税店のラオックスの銀座の状況

ラオックス銀座

銀座7丁目に人がたくさんいます。ガードマンも数人。何事かと思いきや、ラオックスの前でした。聞こえてくるのは中国語。

 

店の前にはどんどん団体バスが来ては人が降りて行き、時間になれば人を乗せていきます。その流れを止めないためにガードマンがいます。

 

何も知らないと事件なのかと思うほど。もしくは有名人の出待ちなのかと思います。

 

しかしそこはインバウンドマーケティングも研究しているので、なるほどラオックスの状況はこうなんだと感心して見ていました。


Laox銀座に来た中国人観光客にインタビュー

外には買い物が終わった中国人がたくさんいました。銀座の他の店に行く人もいればLaoxで買い物を完結してバスを待っている人もいました。

 

この団体ツアーバスを待っている人にちょっと話を聞いてみました。

 


 

質問
ラオックスで何を買ったんですか?

 

答え
タイガーの炊飯器。ラオックスに来る前からこのタイガーの炊飯器を買うことは決めていたの。友達がラオックスで買うといいよと勧めてくれたからさっき買っちゃった。

 


 

質問
ラオックスのどんなところがいいんですか?

 

答え
もう団体ツアーの中に組み込まれているからいろいろ考えなくていいでしょ。どこで買おうか迷うだけでも時間が掛かるし、自分たちで行こうと思ったらここは外国だから道に迷っちゃうよ。それとね、ラオックスは中国語で話ができるからいいの。すぐに聞きたいこと聞けるでしょ。

 


 

質問
炊飯器の他は何か買いましたか?

 

答え
いろいろ買ったわよ。象印の水筒でしょ、資生堂の化粧品、健康食品も買っちゃった。日本のものは本当にいいものばかり。そうそう、資生堂の化粧品買ったけどわたしも日本人みたいなきれいな肌になるかしら。

 


 

質問
次はどこに行くんですか?

 

答え
どこだったかな?ツアーだからあんまり詳しく覚えてないの。たぶん次は美味しい日本料理を食べにいくって書いてあった。

 

LaoxGinza

ラオックスが中国人観光客に人気がある理由

インタビューした人の数は多くありませんが、団体ツアーで多くの人が来ているので似たような感じだと思います。

 

ラオックスは中国人の心を掴んでいます。日本製品を提供しながら、中国人が好きそうな品揃えをして、中国語で接客をする。中国人は安心して日本で日本製品を買えるんです。

 

外国語が苦手な日本人が海外でついつい高島屋や伊勢丹や三越に行ってしまうのと似ているかもしれません。日系デパートの食品売場は安心な気がしますよね。なんかそれと似ている感じがして、さらには団体ツアーバスが太鼓判を押しているのでどんどん中国人がやってきているのかなと思いました。

 

ラオックスを見てインバウンドマーケティングを勉強

いろんな好条件を企業努力で整えたラオックスの底力を知ることができました。インバウンドマーケティングに関心がある人は勉強に行ってみてはいかがですか?