ラオックスに南部鉄器が品揃え豊富な理由とは

日本人も見たことのないようなラオックス南部鉄器の品揃え。

 

なぜかと言うと中国人がお土産に南部鉄器を買っていくからです。人気の理由は上海万博で有名になったこと、メディアがそれを広めたこと、今やコレクションとして重宝されていることが上げられます。

 

上海万博

 

百貨店でも専門店でも見たことのない南部鉄器がラオックスにはきれいに陳列してあります。びっくりします。日本人でも南部鉄器のことはよく知りません。南部鉄器は岩手県南部藩で作られていた伝統工芸品で今も作り続けられています。

中国人が日本の伝統工芸品の南部鉄器を好きな3つの理由

中国人に南部鉄器が人気がある理由は3つです。

 

上海万博で有名

上海万博で一躍注目され有名になりました。南部鉄器の良さが伝えられたのです。中国茶で有名な中国企業と岩手県が合同で出展しました。パビリオンには210kgの巨大南部鉄器も飾られ話題になりました。

 

伝統の中国茶と伝統の南部鉄器の組み合わせが中国人たちを喜ばせました。

 

中国メディア

上海万博で有名になった南部鉄器が一斉に中国全土へメディアが広めました。今や日本人より中国人の方が南部鉄器について詳しいと思うほどです。日本人はあまり詳しくありませんよね。中国人の南部鉄器ブームはまだ続いています。

 

コレクション

南部鉄器は大量生産が難しい伝統工芸品です。そのことがコレクション性を高めました。日本人がワインを好み高値を付けたように、今は中国人が南部鉄器に高値を付けています。その昔、織田信長も豊臣秀吉も茶道具に高値を付けて取引をしました。その再現を見ているようです。

 

南部鉄器はコレクション性とともに財産と考えている人もいるそうです。財産として南部鉄器を買い求めています。桁違いの富裕層が中国からやって来ている証拠でもあります。

国際交流の場でプレゼントを迷うなら南部鉄器もおすすめ

銀座のラオックスには2000万円の南部鉄器があるそうです。ニュースで話題になっていました。日本人も南部鉄器の良さを見直すためにラオックスへ行くことをおすすめします。

 

安いものは1万円前後からあります。高級なものはびっくりするほど高級です。例えば、姉妹都市の中国の市長さんへのお土産やお礼など南部鉄器もいいかもしれません。国際交流の場ではお土産で悩んでいる人も多いと思います。