日本でカレールーを大量買いする中国人観光客

カレールー

訪日中国人観光客に人気のあるお土産はいろんなものがありますが、これも大量買いするのかと思うものがあります。

 

カレールー

 

「なんでこれが人気なの。カレーってインドじゃないの。日本らしくないじゃん。」

 

そんな声が聞こえてきそうですね。しかしこのカレールーは日本らしい味で、中国人はみんなこの味が大好きなんです。ハウス、グリコ、エスビーなど。有名企業のものを買っていきます。カレーを日本で大量に買う理由は何なんでしょうか。

 

単純に言うとこの三つです。

 

1.おいしいから
2.中国で買うより安いから
3.日本的な味だから


日本のカレールーが中国人のお土産に人気がある理由

おいしいから

カレーはインドが本場だけど、日本のカレーはもはや日本の味です。日本のカレーが中国では注目を浴びています。

 

中国で買うより安いから

そうなんです。中国にも日本のカレールーは販売してあります。なのでみんな知っています。ではなぜ日本で買うのでしょうか。キーポイントは円安免税です。いつも買うものだからこそ安く買いたいと思っています。

 

日本的な味だから

日本のカレーは日本を代表する日本食として外国では確立しています。なので日本のお土産として最適なんんです。この価格だとバラマキお土産に最適ですね。韓国海苔のような位置付けかもしれません。

ココイチとバーモントカレーが中国で日本のカレーを牽引

カレー人気を中国で牽引しているのがこの二社です。

 

CoCo壱番屋
ハウスバーモントカレー

 

CoCo壱番屋

 

CoCo壱番屋

 

日本でもお馴染みのココイチは中国をはじめ外国で店舗数を伸ばしています。男子が大好きな日本のココイチとは雰囲気は違い、外国では女性も惹きつけるインテリアでデートでココイチに行く人も多いんです。

 

このCoCo壱番屋が中国で日本のカレーの味を日々広めています。

 

ハウスバーモントカレー

 

中国のスーパーにも日本の食品が並んでいます。賞味期限が長いものは特に大量に並んでいます。カレールーではハウスバーモントカレーが人気です。中国語では百夢多と書きます。発音がバーモンドと似ています。

 

知名度があっていつも買っているので日本で同じ商品が安く売ってあるとついつい買ってしまうそうです。

カレーインバウンドマーケティングで売上倍増

日本のカレー文化が海を渡り世界へ発信されていっています。

 

中国人観光客が多く来店するスーパーマーケットやお土産屋さんは、まとめ買いできるよう大ロットやダンボールで用意しているところもあります。

 

カレールーとセットで日本産の野菜やお米を売ると売上が倍増しそうですね。分析からアイデアに結びつけるのがインバウンドマーケティングの醍醐味です。