中国人観光客が大量に買っていく日本製の爪切り

中国人観光客がどんどん日本に来ています。

 

中国人に向けた品揃えをしているお店で必ず見かける商品が爪切りでず。

 

指甲刀

 

しかも爪切りブランドもどこに行っても匠の技が並んでいます。日本人からみたらちょっと高いなと思うんですが中国人観光客は爆買いしています。

 

ひとりで何個も買っていきます。お土産に最適だと言っていました。やっぱり日本人から見ると奇怪です。

中国人に日本製爪切りが人気がある3つの理由

ちなみに爪切りを中国語で言うと指甲刀(ジージャーダオ)です。音を聞いてもわからないのに、漢字を見たらなんとなくわかるのがおもしろいですね。指の甲の刀です。助詞を入れただけでわかるのが日本語と中国語の親近感ですね。

 

今は中国人に爪切りが売れるのが当たり前のようになっていますが、最初は不思議でした。なので中国人に聞いてみたことがあります。なんで爪切りを買うんですか?

 

壊れない

壊れないという答えが返ってきたときに不思議に思いました。だって爪切りが壊れたことありますか?わたしは壊れたことありません。壊れないものだと思っていました。無くしたことはあるけど、壊れたことはないんですよね。なのでもう1回聞いてみました。

 

爪切りが壊れたことあるんですか?

 

すると、壊れるよという返事が返ってきました。made in Japanのいいところはマシンや家電だけじゃなかったんです。壊れない爪切りは日本を代表する立派なmade in Japanだったんです。当たり前を当たり前と思わないところにインバウンドマーケティングのビジネスチャンスがあるんですよね。

 

切れ味抜群

中国で売っている爪切りと違って日本製のものは切れ味がいいそうです。全然違うって言っていました。そう言えば、100円ショップができたばかりの頃、爪切りを買ったら全然切れませんでした。ボールペンもなめらかに書けませんでした。こんな状況なのかなと思います。今は100円ショップも性能が上がっているかもしれません。爪切りはそれ以来買ってないのでわかりませんが、全体的に100円ショップの品質もレベルアップしていますよね。

 

お土産といえば爪切り

中国人が日本に来る前からお土産と言えば爪切りだと思っています。韓国といえばキムチ、中国といえばパンダ、シンガポールといえば屋上にあるプール、このようにすぐにイメージできるものはどんどん売れていきます。

日本製爪切りブランド匠の技の特徴

爪切りの中でも、日本を代表するのが匠の技というブランド。

 

壊れにくさ、切れ味ともに抜群です。わたしも切ったことがありますが、本当に切れ味がいいんです。

 

気持ちよく切れる
爪が飛び散らない
切った爪がなめらか

 

こんな三拍子整った爪切りなんです。匠の技もいろんな種類があります。ルーペ付きなど。しかし売れ筋は高級でオーソドックスなものが売れています。

 

チェック
中国人に人気の日本の匠の技つめきりランキング